名探偵コナン コナンと平次と消えた少年

名探偵コナン コナンと平次と消えた少年の基本情報

名探偵コナン コナンと平次と消えた少年のあらすじ/内容

本作は、第1作『時計じかけの摩天楼』から監督を務めてきた初代監督・こだま兼嗣が担当した最後の監督作品である。こだま兼嗣は本作で『名探偵コナン』シリーズの監督を降板。以降は山本泰一郎に引き継がれた。また、副監督として西森章も監督を担当しており、劇場版シリーズで初めて監督が2人体制の作品になっている。冒頭の作品解説のうち、既出部分(工藤新一の新聞記事から、体が縮み蘭と再会してコナンと名乗るまで)が、アニメーション制作の全体がデジタル制作へ移行したことを受け、本作で初めて新調された。そのため、本作以降は第4作『瞳の中の暗殺者』以降の内容から一部変更されている。毛利小五郎に推理を依頼した山能寺や終盤の舞台となった玉龍寺は実在しないが、本編では京都の観光地が数多く登場している。コナンたちが訪れた観光地では、京都タワー・清水寺・蹴上インクライン・南禅寺・鞍馬寺・梅小路公園・先斗町などが描かれており、京都の神社・駅舎・公園などが非常に細かく再現されている。なお、ポスターでは貴船神社がコナンたちの背景に描かれていたが、本編には登場していない。叡山電車と鞍馬駅が登場するが、登場する900系きららと思わしき車両の塗装は異なる。名前に数字の付いている人物が殺害されていることから、同じく自分の名前に数字が入っている小五郎が自分も狙われると思い込んだ場面では、コナンが劇場版第2作『14番目の標的』について触れている。本作の伏線が、OVA『コナンと平次と消えた少年』で服部平次と備前平四郎が会話するシーンの間に挿入されている。平次がコナンたちを備前の経営するたこやき屋に連れて行こうとしていくほか、本作に登場する軍記物語『義経記』がたこやき屋のシーンで描かれている。2016年に開催された歴代映画19作品の人気投票で、本作は第1位を獲得した[8][9][10]。主人公・江戸川コナンより彼のライバル・服部平次が活躍する内容となっており、彼の特技である剣道をメインとした激しい刀剣アクションや、アニメーターによる手描きと3DCGを併用したバイクアクションが繰り広げられる。また、作品解説の一部も平次が担当しており、彼の幼馴染・遠山和葉も一緒に登場している[注 1]。また、この2人が劇場版に登場するのは第3作『世紀末の魔術師』以来で、佐藤美和子も第4作『瞳の中の暗殺者』以来の登場となった。テレビシリーズのキャラクターからは、大滝悟郎が初登場しているほか、綾小路文麿も初登場し、後の劇場版やテレビアニメ、原作にも登場することとなる。 劇場版シリーズの中でわずかながら、初めてコナンが新一の身体に戻った作品である。また、毛利蘭が新一(コナン)の手によって腕時計型麻酔銃で撃たれるのも、(未遂を除けば)2020年現在、本作だけである。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

名探偵コナン コナンと平次と消えた少年の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。