名探偵コナン MAGIC FILE3 新一と蘭・麻雀牌と七夕の思い出

名探偵コナン MAGIC FILE3 新一と蘭・麻雀牌と七夕の思い出の基本情報

名探偵コナン MAGIC FILE3 新一と蘭・麻雀牌と七夕の思い出のあらすじ/内容

主人公・江戸川コナンの最大の敵である黒の組織が登場するのは2001年公開の第5作『天国へのカウントダウン』以来、8年ぶり2作目となる[注 1]。13作目と忌み数とされている13をかけて[注 2]、主人公・江戸川コナンと宿敵・黒の組織の対決を物語の軸の1つに据えている。表題の「チェイサー」は「口直しの水、あるいは軽い酒」の意味も含んでおり、タイトルが示す通り、組織に追われるコナンと組織のコードネームである酒の名前を表現した。オープニングの一部は過去の劇場版から流用されているため、ジンの髪の色が本編と異なっている。劇場版では銀髪になり、テレビアニメ版、次作以降のオープニングも同じく銀髪で統一されるようになった。最後の「小さくなっても頭脳は同じ、迷宮なしの名探偵!真実はいつも一つ!」のセリフは、今作のみ、コナンと新一が同時に発している。TVシリーズからの劇場版初登場のキャラクターが多く、ベルモット[注 3]、キャンティ、コルン、ピスコ[注 4]、松本清長、横溝参悟[注 5]、大和敢助、上原由衣、第10作『探偵たちの鎮魂歌』でモブ出演していた山村ミサオ[注 6]が正式に初登場を果たした。本作の事件は京都府で起こった火災と関係しているため、服部平次と遠山和葉も『探偵たちの鎮魂歌』以来3年ぶりに、第7作『迷宮の十字路』に登場した京都府警の綾小路文麿警部は6年ぶりに再登場した[注 7]。本作では、BREAKERZのメンバー・DAIGOが水谷浩介役で出演し、本作以降このような「スペシャルゲスト出演」が恒例となる。本作と同じく黒の組織との対決がメインだった『天国へのカウントダウン』では連続殺人犯の様子を描いた回想シーンが見られたのに対し、本作は連続殺人犯の殺害動機や動機となる事件のシーンは、コナンと犯人の会話で語られるのみである。また、ラストは本編の内容を反映し、シリアスな終わり方で締められている。本作以降は劇場版の公開に合わせその劇場版で活躍する人物や劇場版のテーマにちなんだエピソードが本放送枠で再放送されるようになり、公開間近の3月23日にはピスコが登場したテレビアニメ第176話 - 178話「黒の組織との再会」が再放送された。公開から約5か月後に神谷明が降板したため、神谷が演じる毛利小五郎が登場する劇場版は本作が最後になった[注 8][注 9]。次作『天空の難破船』以降の劇場版は、2009年10月から2代目小五郎役を引き継いだ小山力也が担当している。また、2014年1月17日に加藤精三が死去したため、加藤が演じる松本清長が登場する劇場版は本作が唯一である(ただし、松本も管理職を交代して以降登場しなくなったため、後任は未定)。本作の小説版が小学館のジュニア文庫から2013年1月9日に発売された[8]。また、第3作『世紀末の魔術師』に続いて、漫画版が2013年6月18日に発売された。2016年に開催された歴代映画19作品の人気投票で、今作は10位を獲得した[9]。全国349スクリーンで公開され、2009年4月18日と翌19日の初日2日間で興行収入5億9,000万円となり、興行通信社の調査による映画観客動員ランキングでは初登場第1位となった[10][11]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

名探偵コナン MAGIC FILE3 新一と蘭・麻雀牌と七夕の思い出の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。