名探偵コナン MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件

名探偵コナン MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件の基本情報

名探偵コナン MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件のあらすじ/内容

「旋律」とかけて「戦慄」がタイトルに含まれる本作は「音楽」がメインとなっている。主人公・江戸川コナンとゲストキャラクターの秋庭怜子がメインで活躍するため、コナン以外のレギュラーキャラクターの活躍は全体的に抑えられている。また、ポスターにゲストキャラクターが描かれたのは本作の秋庭怜子と、第4作『瞳の中の暗殺者』に登場して以降2回登場している、警視庁刑事部の部長・小田切敏郎だけである。作中には前作『紺碧の棺』に続いて工藤新一と毛利蘭の過去のエピソードも織り込まれており、中学生時代に起きた2人の喧嘩が描かれている。 帝丹小学校の校歌が初披露され、コナンのクラス全員が揃って歌うシーンが描かれている。その後、校歌はドラマCD「名探偵コナン・キャラクター・ソング集 帝丹小学校に全員集合!!」に収録された。ドラマCDではコナンたちの他、毛利蘭役の山崎和佳奈・鈴木園子役の松井菜桜子も参加している。ニュースキャスターなどが端役で出演することは第1作『時計じかけの摩天楼』からあったが、本作からは著名人がゲスト声優として出演するようになり、本作では山里亮太・坂下千里子・西尾由佳理が出演している。ただし、出番は少なく、容疑者役など重要キャラクターで登場するのは次作『漆黒の追跡者』からである。劇場版名探偵コナンにおいてZARDの主題歌起用は第9作『水平線上の陰謀』以来3作目となるが2007年に5月にメンバーの坂井泉水が逝去したため、ZARDの起用は本作が最後となった。また、プログラムには「『名探偵コナン』とZARDがともに歩んだ軌跡」として特集が組まれていた。第8作『銀翼の奇術師』から音響監督を担当してきた井澤基は本作をもって降板し、以降はテレビシリーズの音響監督を担当してきた浦上靖夫が兼任するようになった。2019年現在、劇場版『名探偵コナン』シリーズの中で上映時間が最も長い作品である。小説版は、2014年2月26日に小学館のジュニア文庫(小学館ジュニアシネマ文庫)から発売された[8]。作中には、怜子と共に貯水池のボート上へ拉致されたコナンが池畔の管理所に設置されているプッシュホンにサッカーボールを蹴り当てて受話器を落とし、彼らが警察への110番を発声によって発信するシーンが存在するが、朝日放送で2009年6月5日に放送されたバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』には、このシーンを疑問に思う依頼が来た[9]。そこで、番組内では実際に元日本代表GKの本並健治がサッカーボールを蹴り当ててプッシュホンの受話器を落とし、大阪音楽大学の女子学生2名が時報の117番を発声によって発信することに成功している。また、依頼を受けた探偵局員の竹山隆範は、コナンの「見た目は子供、頭脳は大人」というフレーズを真似た台詞を口にしている。なお、作中のプッシュトーンは怜子の歌唱を担当したオペラ歌手・赤池優が担当している。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

名探偵コナン MAGIC FILE2 工藤新一 謎の壁と黒ラブ事件の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。