無邪気の楽園

無邪気の楽園の基本情報

無邪気の楽園のあらすじ/内容

『ヤングアニマル嵐』(白泉社)にて2010年No.5および2011年No.2に掲載された読み切りの好評を受け、2011年No.10から2017年No.10まで連載。その後、スピンオフ作品『無邪気の楽園 パラレル』(むじゃきのらくえん パラレル)として、同誌の2017年No.12から2018年No.6まで連載。話数表記は「PARADISE.X」[1]で、サブタイトルには必ず「楽園」という単語が挿入される。単行本はジェッツコミックス、のちヤングアニマルコミックスから発刊。ヒロインの大半は小学生と設定されており、無邪気ゆえのエロティックを題材としているエロティック・コメディ漫画。タイムスリップというSF的要素を物語の基点においているが、特にそれが重要なポイントになるでもなく、明るいコメディ路線の物語展開に徹されている。2013年12月現在でコミックス4巻の発行部数は累計60万部以上[2]。また作品の性質上、未成年の少女たちの下着・裸姿や、ヒロインたち女子小中学生の激しい自慰シーンや放尿シーンなど過激なエロシーンも多数描かれ、現在の表現における際どい描写が数多く存在する。(性器部分は隠されるもしくはぼかして描かれるなどの表現がなされているが、ヒロイン達のバストは乳首の先まで精細に描かれている)基本的に一話完結形式。25歳の主人公の青年が、ある出来事からタイムスリップし、知識や精神は大人のままで身体は小学5年生当時のものになることからはじまり、大人の知識を持っている主人公が、性知識の無い(あるいは薄い)無邪気で純粋なヒロインたちと交流する中でエッチなハプニングが発生し、主人公が性的絶頂を迎えて「無邪気って怖い……」[3]と独白する、という筋書きになっているものが多い。なお舞台の地名は「露里(つゆさと)」とされている。メディアミックスとしてはコミックス第4巻付録としてドラマCD[4]が、第6巻・第8巻付録としてOVAが制作されている[5][6]。単行本8巻の巻末にて、同誌にて連載中の『女子小学生はじめましたP!』との牛乳のみおによるコラボ漫画が掲載され、また同作品の単行本3巻巻末にて雨蘭によるコラボ漫画が掲載された。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

無邪気の楽園の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。