宝魔ハンターライム

宝魔ハンターライムの基本情報

宝魔ハンターライムのあらすじ/内容

ブラザー工業(後にエクシングに運営移管)によるパソコンソフト自動販売機『ソフトベンダーTAKERU』専用ソフトとして発売された。なお、ジャンルはアドベンチャーゲームに分類されるが、内容はデジタルコミックに分類される。中嶋敦子によるキャラクターデザインと、サイレンス及びそのアダルトゲームブランドのソニアが売りとする、男性向けの扇情的なアニメーションパートが充実していたことで人気を呼んだ。ただし、ソニアではなくサイレンスでの発売からもわかるように、規制の対象になるようなシーンは一切存在しない一般作である。当初は全6話で終了予定だったが、その人気から制作途中で継続が決定し、最終的には全12話となった。ひとつの話が始まるごとにオープニングソングが流れ、話が終わるとエンディングソングが流れる。その後、次の話の予告編が付いていることからデジタルアニメ系アドベンチャーとも呼ばれている[1]。後にはアスミックにより家庭用ゲーム機へ移植され、『宝魔ハンターライム スペシャルコレクション』『宝魔ハンターライム with ペイントメーカー』(以上2作共にPlayStation版)、『宝魔ハンターライム パーフェクトコレクション』(セガサターン版)が発売された他、OVA化もされている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

宝魔ハンターライムの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。