変ゼミ

変ゼミの基本情報
監督上坪亮樹
原作TAGRO
制作XEBEC

変ゼミのあらすじ/内容

同作者の変態ラブコメディ漫画『変態生理ゼミナール』の続編とされているが、実際は内容の一部を引き継いだリメイク作品である[1]。前身となる『変態生理ゼミナール』は、ワニマガジン社発行の『COMIC快楽天』などで全5話が掲載されたが、諸般の事情により、大都社から単行本化されている。『変ゼミ』は、2006年12月21日発売の講談社の『モーニング2』第2号より連載され、第1巻・第2巻初版の帯は「世界シリーズ」のイラストレーションを担当していたことから、西尾維新がコメントを寄せている。単行本3巻の巻末に「アニメ、か?」とアニメ化を匂わす表記があったが、後に作者自身がtwitterでアニメ化を正式にアナウンスしている。2010年7月23日発売の単行本4巻限定版にOADが同梱された後、2010年12月にテレビアニメ化が発表され、2011年4月から7月まで放送された。2009年7月22日発売の『モーニング2』第24号で「単行本には収録しない最終回」との触れ込みで描かれた『終わりの季節』は、コミックス最終巻である11巻に収録された。理由は掲載号がネットオークションで高騰しているためとコメントされた。実際には登場人物の夢オチ(フェイク・エンディング)であることが明かされ、別の最終話(後日談)が描かれている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

変ゼミの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。