百花繚乱 サムライアフター

百花繚乱 サムライアフターの基本情報
監督KOBUN(第1期・第2期)福島利規(OVA)
原作すずきあきら
制作アームス

百花繚乱 サムライアフターのあらすじ/内容

2009年2月にHJ文庫より原作小説が刊行されると共に、ホビージャパンの創業40周年記念企画として発表された。同時にアルターによるフィギュアシリーズの製作が予告されている。『クイーンズブレイド』をメディアミックス展開し、特にそのフィギュアシリーズで好評を得ていたホビージャパンが新たに同種の企画の立ち上げを模索する中で、HJ文庫編集部がすずきあきらにフィギュア展開を前提とした小説の執筆を依頼。ホビージャパンの要望を入れ込む形で、キャラクターデザインが作られていった。当初はフィギュアやグッズ・コミックなどでの展開を主として構想されていたが、『クイーンズブレイド』アニメ化などの流れが、本作品のアニメ化も推進することになった。公式サイトにて風華チルヲによるWEBコミックが連載されている。その他に5種がコミカライズ展開された。2010年10月から12月までテレビアニメが放送された。原作とは一部異なる設定が組み込まれている。なお、『月刊コミック電撃大王』(アスキー・メディアワークス)連載の漫画「〜百花繚乱〜 戦国乙女」(作画・しなのゆら、平和のパチンコ「CR戦国乙女」が原作)とは無関係である。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

百花繚乱 サムライアフターの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。