燃える!お兄さん

燃える!お兄さんの基本情報

燃える!お兄さんのあらすじ/内容

1987年から1991年まで、集英社の漫画雑誌『週刊少年ジャンプ』にて連載。連載開始以前に1986年の週刊少年ジャンプ・ウインタースペシャルに、読み切り作品『燃える!おにーさん』として掲載された。鳥山明のカラー原稿が間に合わず、佐藤に代原の依頼が回ってきたのがきっかけだという。2度の読切掲載を経て連載となった。本作品は“お兄さん”こと主人公ケンイチと、その周りの人々の非常識な日常を描いたドタバタギャグ漫画であり、学園でのイベント、また中期以降は宇宙人の襲来といった格闘ギャグ路線へと発展。終盤では格闘要素を排除し、ショートコント風のシリーズなども取り入れた。作中では「動物語」というシステムが存在し、動物(哺乳類と鳥類)やケンイチなど一部の人間が使うことができる。動物語を話す時は吹き出しの線が二重になっている。本作は暴力・破壊描写をはじめ、金属バットで殴打、大量出血、違法行為や殺意を込めた心情描写、身体の一部(耳や指)を切り落とされたり、主人公のせいで半身不随になるキャラクターが出てくるなど、過激なギャグ表現が多い(後に刊行の文庫版では一部セリフが変更されている)。また、知的障害者や人格破綻者をネタにした差別的な表現も少なからずあり、それが災いして1990年10月9日発売の第45号の「サイボーグ用務員さんの巻」は自治労用務員部会などの抗議により、掲載号が回収される事態を引き起こした。なお「サイボーグ用務員さんの巻」は出版社側の提示にもとづき、単行本に収録されていない[1][2]。詳細は週刊少年ジャンプ#『燃える!お兄さん』職業差別事件を参照。一旦連載終了したあとに『燃える!お兄さん2』とタイトル変更され再開。単行本、文庫版では『燃える!お兄さん』のまま巻数も通算しており、単行本の18・19巻、および文庫版の11巻後半から12巻が『燃える!お兄さん2』に該当する。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

燃える!お兄さんの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。