堕靡泥の星

堕靡泥の星の基本情報

堕靡泥の星のあらすじ/内容

『漫画天国』(芸文社)に1971年から1976年まで連載され、異色の代表作となった。単行本は佐藤プロ出版部「佐藤まさあき劇画自選集」全16巻に収録されているが絶版になっており、1998年にアスペクトから新装版が出版された。続編の『新 堕靡泥の星』は『プレイコミック』(秋田書店)に1986年から連載された。1979年には実写版である映画『堕靡泥の星 美少女狩り』が上映された。1989年から1990年にかけて発売されたOVAは全5巻。5巻目は原作のアニメ化ではなく、アニメオリジナル作品。視聴年齢制限は設けられておらず、一般向けの作品として販売されていた[1][2]。本作は、アウシュビッツ展に展示されているユダヤ人虐殺写真の残酷さに胸が潰れる思いをしながらも、自分の中のサディズムの血が燃え始めたのを感じ取った作者が、「人間が人間を物のように扱える戦争の狂気、そして勝者の権力というものへの憧れ」に心が疼き、そこから執筆したという。また、当時は強姦願望があり、その思いを作品にぶつけたと告白している。主人公の姓である「神納」は作者が眠っている時に浮かんできた言葉である。ただし、「神納」は愛知県にある名字(名古屋市に500名ほどいる)で、日本に存在しないというのは作者の思い込みだったようである。[3]

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

堕靡泥の星の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。