卒業M〜オレ達のカーニバル〜

卒業M〜オレ達のカーニバル〜の基本情報

卒業M〜オレ達のカーニバル〜のあらすじ/内容

全寮制男子校の誠龍高校を舞台とした学園もの。元々はギャルゲー『卒業』の男子高校生バージョンのゲームを作るために立ち上げられたプロジェクトで、ゲームを作る事を最終目標として様々なメディアミックス展開がされた。卒業MのMとは「male」の事で、そのまま「男性版卒業」という意味である。全寮制の男子校という舞台設定や、若干匂わせる描写が含まれる為ボーイズラブ作品と分類される事もあるが、前述のとおり女性(=プレイヤー)を恋愛対象とする事が目的のため、基本的には普通の友情物語である。尚、作中では女性キャラクターに想いを寄せる描写やCD等ではデートや電話をしているといったシチュエーションで女性に対して愛を語りかけるものもある。メインキャラクター5人の事をまとめて「M」と呼ぶ。尚、キャラクターの苗字がザ・ドリフターズと一緒だという事は突っ込まないのがお約束である。元々の『卒業』に登場するメインキャラクター達も同じ苗字であり、ネタ元の人物に因んだキャラクターの造形についても『卒業』を踏襲している。ただし『卒業 〜Graduation〜』に登場するヒロイン5人組との絡みなどは無く、各ヒロインとの血縁関係なども一切無い。連載途中で出版社が変わるというアクシデントがあり、杉崎ゆきるが作画を担当した『卒業M』(月刊Asuka/角川書店)と、西臣匡子が担当した『卒業M+Plus』(別冊少女コミック/小学館)が存在する。それによって主なサブタイトルが、『M』は「僕たち」、『M+』以降は「オレ達」と基本的に区別されている(全てがこの限りではない)。この内、杉崎ゆきる時代の『卒業M』はオフィシャル的にもその存在を抹消され(出版社変更となった原因の為と推測される)、現在関係各社どこにもその記録が残されていない。それぞれノベルス版も存在し、『M』はこたにみやが、『M+』は有栖川ケイが担当している(挿し絵は漫画と同じ)。目標だったゲームも発売されたが、当初の予定から変更され恋愛アドベンチャーゲームとなり、『卒業』と同じような育成シミュレーションゲームは製作されなかった。漫画、小説、ドラマCD、OVA、キャラクターグッズ、ゲーム等の他に、メインキャラクター5人の担当声優によるユニット『E.M.U』(えむ)も結成され、CDのリリースやライブ等の音楽活動も行われた。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

卒業M〜オレ達のカーニバル〜の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。