装甲騎兵ボトムズ 幻影篇

装甲騎兵ボトムズ 幻影篇の基本情報
監督高橋良輔
原作矢立肇高橋良輔

装甲騎兵ボトムズ 幻影篇のあらすじ/内容

監督の高橋良輔を始めテレビシリーズのオリジナルスタッフが参加。テレビシリーズより約30年後、『赫奕たる異端』および『孤影再び』以降を舞台に描かれるOVA。本作がボトムズシリーズの完結編であるとする情報が一部にある[1]が、公式サイトでそのような発表が行われたことはなく、後に発売された『孤影再び』付属のライナーノートでは今後も続けていきたい旨を高橋が語っている。バニラとココナがキリコの影を追いつつ過去の場所を巡る内容で、テレビシリーズの後日談の色合いが強い。『ペールゼン・ファイルズ』に引き続き、メカニックは3DCGで描かれている。2010年2月23日発売の『装甲騎兵ボトムズDVD-BOX』全3巻との連動でDVD-BOXに『幻影篇』DVDを2巻ずつ収納することが可能となっている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

装甲騎兵ボトムズ 幻影篇の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。