装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端

装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端の基本情報
監督今西隆志高橋良輔(総監督)
制作サンライズ

装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端のあらすじ/内容

テレビシリーズ『装甲騎兵ボトムズ』が終了した時点で、監督(本作では総監督)の高橋良輔は「最終回のラストシーン以後は作らない」といった主旨の発言をしていた。それでも続編という形での新作を望むファンや業界関係者の声は相当数あり[1]、それらの声に後押しされる形で製作されたのが本作である。しかし、実際に作品を見たファンからは抗議が殺到[2]、特にヒロインのフィアナが力尽きてしまうストーリー展開にはスタッフ内部からも批判の声が上がったという[3]。高橋にとっても本作の製作は不本意なものであったらしく、自ら手がけたテレビシリーズのノベライズのあとがきでも「諸般の事情で製作に踏み切ってしまったのです」と記している[4]。オープニングアニメーションは原画を川元利浩が手掛け、塩山紀生がキャラクター、吉田徹がメカニックの作画監督を担当。スコープドッグの砲撃シーンでの機体の反動描写は今西隆志の指示により、陸上自衛隊の戦車による砲撃を収めた演習ビデオを参考に作画された。本作の英題は製作スタジオ内で広く募集され、制作進行であった小原正和の発案による『THE DEFROST』が採用された[5]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

装甲騎兵ボトムズ 赫奕たる異端の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。