創勢のアクエリオンEVOL

創勢のアクエリオンEVOLの基本情報
監督安田賢司
原作河森正治・サテライト
制作サテライト

創勢のアクエリオンEVOLのあらすじ/内容

アクエリオン10周年を記念して2015年3月に発表された[1]。制作はサテライト。監督は安田賢司が務める。10周年の「お祭り企画」作品ということで、テレビアニメ第1作目『創聖のアクエリオン』のキャラクターとテレビアニメ第2作目『アクエリオンEVOL』のキャラクターが1万2千年という時代設定の隔たりを超えて出会うという、最大の目玉が用意されている。ただし、物語自体は本作オリジナルキャラクターの「シン」と「ユノ」を中心に、1966年(昭和41年)の日本を舞台に展開する。なお、『創聖』と『EVOL』のキャラクターたちが各原典におけるどの時間軸から来たのかは不明だが(前者についてはエレメントの全員が登場するわけでもない)、後者についてはジンが死亡して久しいことがユノハの回想シーンから読み取れるうえ、本編でカグラがネオ・ディーバの面々と憎まれ口を叩き合いながらベクターマシンに搭乗しているため、最終話後であることが示唆されている。商品リリースの前に、アクエリオン10周年スペシャルイベント「合体祭〜渋公で叫べ“気持ちいぃ〜”」で上映された。その後、テレビアニメ第3作目『アクエリオンロゴス』の初回放送直前にディレクターズ・カット版が全国各地のテレビ局で放送された(詳しい放送時間はアクエリオンロゴス#放送局を参照)。同作品のBD第1巻初回生産限定の映像特典に、ノーカット版が収録されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

創勢のアクエリオンEVOLの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。