真・女神転生 東京黙示録

真・女神転生 東京黙示録の基本情報

真・女神転生 東京黙示録のあらすじ/内容

主人公のヒーローを操作し、突然出没し始めた日本国外からの「悪魔」を倒して東京を救出する事を目的としている。ナムコから発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『デジタル・デビル物語 女神転生』、『デジタル・デビル物語 女神転生II』のゲームシステムを継承しつつ、設定を見直し一から制作された作品。開発はアトラスおよび遊企画が行い、プロデューサーはPCエンジンSUPER CD-ROM²用ソフト『クイズまるごとTheワールド』を手掛けた新野洋右が担当、ディレクターは徳間書店から発売されたファミリーコンピュータ用ソフト『ラビリンス』を手掛けた岡田耕始が担当、音楽は『女神転生シリーズ』を手掛けていた増子司が担当している。現代の都市を主な世界に置いた作風と仲間との思想的な価値観による決別など、従来の勧善懲悪観を排したハードな世界観とシナリオは多くのユーザーの支持を得て『真・女神転生』と冠された作品が後に継続して製作され、やがてアトラスの看板タイトルとしてシリーズ化された(『女神転生シリーズ』との関係性などの詳細は『真・女神転生シリーズ』を参照)。真・女神転生シリーズは後に『ペルソナシリーズ』などの各種派生作品を生むことになる。移植作品に関しては下記を参照。舞台は199X年の東京で、ゲーム発売当時の1992年における近未来という設定。吉祥寺のアーケード街や病院、エコービル(後の京王吉祥寺駅ビル)といった1990年代の現代日本をモデルにしており、西洋ファンタジー風の世界観が主流を占めていた当時の家庭用ゲームRPG市場の中においては斬新なものであった。ゲームシステムは悪魔を会話で仲魔にしたり、それらの悪魔を合体させたりといったファミリーコンピュータ版『女神転生』のものを継承しつつ、更に発展させている。前作では「魔王」や「邪神」といった「EVIL」属性の悪魔は仲魔にすることができなかったが、本作では条件はつくもののほとんどの悪魔を仲魔にできるようになった。また、キャラクターデザインは『デジタル・デビル物語 女神転生II』と同じくイラストレーターの金子一馬が担当。女神転生シリーズとしては初のイラスト集が発売されるなどの人気を獲得する。地上の2Dマップと3Dダンジョンで構成されているが、地上の2Dマップは当時のコンピュータグラフィックスのイメージであるポリゴン風で描かれている。なお、2001年PlayStationにて移植版(PS版)がリリースされた際、金子一馬自身の手によって登場人物や悪魔のイメージイラストがリニューアルされており、公式サイトや攻略本などで紹介された。PS版ゲーム中のドット絵には反映されていないが、当時リリースされた女神転生シリーズ作品『真・女神転生 NINE』や『真・女神転生III-NOCTURNE』には、このリニューアルデザインの悪魔が登場している。ゲーム誌『ファミコン通信』の「クロスレビュー」にて、スーパーファミコン版はプラチナ殿堂を獲得、PlayStation版はシルバー殿堂を獲得した。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

真・女神転生 東京黙示録の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。