春を抱いていた

春を抱いていたの基本情報
監督新田義方
制作トライネットエンタテインメント、ネスト

春を抱いていたのあらすじ/内容

『MAGAZINE BE × BOY』(リブレ出版)にて1999年より連載中。英語版は「ビー・ビューティフル」(Be Beautiful)から「Embracing Love」の英題で出版されている。1999年に漫画版第1巻が発行、14巻(2009年11月)まで刊行している。OVAが発売、冬の蝉もDVD化されている。2008年6月28日発売の「BE・BOY GOLD」8月号(リブレ出版)で発表された「春を抱いていた」シリーズNo.49・「スタンドオン・ベッセル」の扉絵が、ファッションブランド広告からの盗用である事が発覚。作者公式サイト及びリブレ出版公式サイトに謝罪文が掲載された。13巻までのコミックスの出荷が停止されたが、100ページ超の書下ろしをくわえた「春を抱いていた」の最終巻(14巻)を2009年12月に発売した。ファンからの復帰を望む声に後押しされ、2012年4月からBE・BOY GOLD(リブレ出版)で、新章「春を抱いていた ALIVE」として連載再開。2019年7月現在、5巻まで刊行されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

春を抱いていたの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。