私立荒磯高等学校生徒会執行部

私立荒磯高等学校生徒会執行部の基本情報
監督佐藤真人
原作峰倉かずや
制作日本アニメーション

私立荒磯高等学校生徒会執行部のあらすじ/内容

全2巻。隔月刊ボーイズラブ漫画雑誌『Chara』(徳間書店)連載。私立荒磯高等学校の治安を守るべく組織された生徒会執行部が活躍する話。なお、執行部には校則第五条によって特別な権利を与えられている。元々は『WILD ADAPTER』の主人公2人をスターシステムで出演させたセルフパロディ作品である。本作はBL雑誌に掲載されていたため、「元男子校の共学校であるため、同性愛者が多い」という設定があり、久保田と時任にそのような関係をにおわせる場面もあるが、実際の2人にそのような関係はない。また、高等部の下には荒磯中学もあり、中学にもまた執行部制度が存在するほか、『最遊記RELOAD』のアナザーストーリーに荒磯大学の存在を示唆するコマがある。作者のブログにて新装版の発売が決定した。台湾でも、東立出版社より『男男罪遊記』のタイトルで翻訳され出版されている(同じ『峰倉かずや』名義)。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

私立荒磯高等学校生徒会執行部の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。