山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記

山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記の基本情報

山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記のあらすじ/内容

『イブニング』(講談社)2011年6号から連載開始。話数のカウントは「第○矢目」。2016年17号の第100話をもって1stシーズン完結。続編として『山賊ダイアリーSS』の開始が単行本の7巻で告知された。漫画家でありながら猟銃所持許可・狩猟免許を持つ作者自身の経験を描いた実録風漫画。劇中では岡山県の狩猟者登録証を取得しているとあるだけで詳細な地名は登場しないが、岡本が居住している津山市の公式観光サイトでは地元を舞台とするマンガとして本作の紹介ページを設けている。猟期が影響する関係上、劇中の日付が明記されているが、第一矢目は2009年11月の猟期開始時、2年目の2010年の猟期開始時が第六十三矢目(単行本5巻収録)、2年目の猟期終了が最終話となっており、現実よりかなり進行が遅い。欄外に「この作品は、作者の実体験を元にしたフィクションです。が、狩猟や食のシーンに関しては、ほぼ事実です」とのコメントが記載されている。『週刊ヤングマガジン』では岡本が銃を用いず必要最低限の道具だけを持参し食糧・飲料水は現地で調達するサバイバルキャンプを行う外伝『山賊ダイアリー ××に泊まろうシリーズ』を不定期掲載。話数カウントは「○泊目」。『山賊ダイアリーSS』では、猟銃を使う狭義の狩猟の枠を超え、アウトドアライフにおけるハンティング全般をテーマとしている。話数のカウントは「HUNT○」。最初のシリーズである「真夏の魚突き編」が2017年1号から10号に掲載された。次シリーズは同年7月に開始予定と告知されていたが、再開されていない。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

山賊ダイアリー リアル猟師奮闘記の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。