殺し屋1

殺し屋1の基本情報

殺し屋1のあらすじ/内容

山本英夫の代表作。元いじめられっ子の殺し屋「イチ」が主人公のバイオレンスアクション漫画で、過激な暴力描写が特長。累計発行部数は約500万部。このほか関連作品として本作連載開始前に描かれた「『1 -イチ-』(全1巻)」と「『殺し屋1(イチ) 誕生編』(全3話)」が存在する。2001年に三池崇史監督で映画化されたが[1]、その際には映倫によってR-18指定( = 成人指定)されている。なお、本来のR-18は性描写に対するものがすべてであったが、暴力描写による指定は本編が初とされている。また、第1巻の電子書籍版がアマゾンのKindleストアで無料配信された際には、アダルト本のカテゴリーに分類されていた(現在は終了)。有料配信では通常のコミックとして扱われている。また、前述した『1 -イチ-』も2002年に映画版のスタッフ(丹野雅仁監督)によってオリジナルビデオ作品として映像化された。主演は映画版と同じく大森南朋。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

殺し屋1の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。