銀河お嬢様伝説ユナ

銀河お嬢様伝説ユナの基本情報

銀河お嬢様伝説ユナのあらすじ/内容

当初は年間製造タイトル数を確保するため、レッドカンパニー側より提出された企画書をハドソンが承認したもので、一定ファン層に偏った企画であったことから、極めて低予算(1000万)、短期間のスケジュール(半年)、外注と恵まれない状況での制作であったが、期待されていなかった分、制約の無い自由な制作が可能であった事は本作品には有利に働いた。それまでの強い・可愛い・頭が良いの美少女ヒロインアニメやゲームにウンザリしていたハドソンの担当ディレクターが、元々シリアスものだった本企画をギャグ路線に変更させ、ヒロインや登場キャラクターの性格を急遽設定し直した経緯がある。そのため、初代作品は少数生産ではあるものの、発売と同時に即完売し、再販されたのが1995年と、その間が非常に長かったため、プレミア価格が付いていた。MS少女等で知られる原作者の明貴美加デザインによるバトルスーツ姿のキャラクターデザインは、第1作登場の美少女15人(ユナ、リア及び13人衆)全てのガレージキットが海洋堂から発売されるなど、現在の美少女作品における本格的かつ大々的なフィギュア展開の先鞭を着けた。本シリーズ中において異色な作品と言えるものは『FX』であり、後述のOVAのほぼ全ての内容が映像ごと流用の形でゲーム内に収録され、戦闘パートやミニゲームを追加の上、アドベンチャーゲームにアレンジされている。本作はPC-FX用のソフトの可能性を探る目的もあり、PCエンジン後継機種としてHu-VIDEシステムに代わる16bit機から見て次世代機となる32bit機のPC-FXの機能としての新しいCD-Video録画再生システムの実験も兼ねていたソフトがいくつか出た時期でもある。PC-FX自体が当時開発されたばかりの新機種である事もあり、ハードの可能性が能く判らない中での模索と試行錯誤の中で生まれた作品である。本作は当時としては普通ならCDメディアでの動画録画としての標準VideoソフトとしてあるCD-Videoをあえて使わずに、PCで行われる動画処理方法を利用した、16bit家庭用ゲーム機向けの動画媒体の一つの方向性を探るものであった。CDメディア化して更に肥大化の一歩を辿る家庭用ゲーム機の一つの可能性を探る、ハドソンとNECホームエレクトロニクスの戦略としては『アニメフリークFX』のように、ビデオアニメと同等品質の動画再生を目指す実験的な手法がいくつか用いられている。PC-FXの市場もあまり大きくなかった上その後の拡販戦略にも失敗した為に、『FX』はシリーズ中最低の売上と云う惨敗を喫してしまった。なお、CD-Videoもその後DVDの出現等により市場から姿を消してしまった技術である(PC上でなら動画圧縮展開技術の違いによりDVDに及ばないが録画再生は可能ではある)。事実上の最終作である1998年の『FINAL』販売以降、若干のグッズ展開が行われたことのみに留まっている。この背景にはレッドの美少女ゲーム展開の主軸が一部スタッフを同じくする『サクラ大戦』シリーズへと移行した事や、「仮に新作を作るなら(時流に合わせて)恋愛もので」という内部の意見に原作者の明貴美加が強く反対したという逸話が関係者を交えたファン交流会にて語られているが、直接の理由は明確にはなっていない。なお近年ではOVAシリーズのDVD化やPSPへの『無印』&『EP』移植が行われている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

銀河お嬢様伝説ユナの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。