暁のヨナ

暁のヨナの基本情報

暁のヨナのあらすじ/内容

高華王国(こうかおうこく)の皇女ヨナは珍しい赤い癖毛と恋愛ぐらいしか悩みのない、気は強くとも無知でか弱い姫君だった。優しい父王や護衛達に庇護され、大切に、そして甘やかされて育った。専属護衛のハク、従兄であるスウォン、ヨナの三人は幼馴染で、中でもスウォンには長年恋心を抱いていたが、父王には反対されていた。16歳の誕生日に、スウォンから赤毛に似合う美しい簪を贈られ、スウォンに対する想いを諦められないと改めて気付いたヨナ。説得のため父の寝所を訪れた彼女が目にしたのは、すでに事切れた父王と、剣を父の血で赤く染めたスウォンの姿であった。スウォンは実は王位簒奪に向けて以前から暗躍していたのだ。自らも命を狙われたヨナは、幼馴染のハクに助けられ、命からがら城の外へと逃げ延びた。ハクの故郷である、風の部族の「風牙の都」に身を寄せたヨナは、人々の温かな振る舞いに活力を取り戻す。しかし、自分の存在が人々を争いに巻き込むと悟ったヨナは、ハクと共に旅立ちの決心をする。ムンドクの助言に従い、過去に城から追放された神官を探すことにした二人。途中、火の部族からの追手に対し、ハクに守られることしかできなかったヨナは「神に問う前に自分に問うことがあるはずだ」と剣を取り、長い赤毛を切り捨て、自らも戦う覚悟を決める。絶壁から落ちた二人は、通りすがりの少年ユンに拾われ、奇跡的に生き延びた。そして、二人を拾ったユンは、神官イクスの同居人であった。偶然の重なりから遂に神官と出会ったヨナは、神官から神託を授けられた。――闇落つる大地 龍の血により再び蘇らん 古の盟約に従い 四龍集結せん時 遂に赤き龍 暁より還り給う――偶然の域を超えた度重なる奇跡は最早天命であり、ヨナがただ穏やかに生きていくことは出来ないことを示唆する神官イクス。この神託を建国神話になぞらえたものあると理解したハク・ヨナは、謎めいたそれに賭け、ユンと共に「四龍の戦士」を捜す旅に出ることとなる。高華王国の姫・ヨナは、平穏な日々を送っていたが、16歳の誕生日、父王が従兄のスウォンに殺される。城を追われたヨナと専属護衛のハクは、ハクの故郷である風の部族・風牙の都に身を寄せ、そこでヨナは少しずつ笑顔を取り戻す。しかし、スウォンと裏で繋がっている火の部族が、スウォンの新王即位を承認しない風の部族に、圧力をかけてくる。風の部族の人々を巻き込むわけにはいかないヨナは、ハクと共に風の部族を去り、ハクは将軍の地位を捨てる。風の部族の長老・ムンドクの助言で、昔、スウォンの父で伯父のユホンに弾圧され、隠れ住んでいるといわれる、「神官」を探せと言われ、ヨナとハクは新たな旅へ。しかし、火の部族長次男のカン・テジュンの追ってにより、ヨナとハクは風と火の部族領の境・北山の谷へ落ちる。その谷は奈落になっていて、ヨナが死んだと思い込んだテジュンは、スウォンにヨナの遺髪を届け、彼女が亡くなったと告げる。ヨナとハクが死んだということに動揺するスウォンだったが、王として、もう迷いはしないと決意し、五部族承認の元、新王として即位したのだった。一方、ヨナとハクは奇跡的に生き延び、通りすがりの美少年のユンとその保護者・イクスに助けられる。イクスの正体はなんと、神官だった。イクスは、ヨナがここまで奇跡的に生き延びてきたのは、もはや偶然ではなく、天命だという。神の声だと言うイクスの予言は、伝説の四龍の戦士を探せというもの。このままではヨナを守ってハクは死ぬ、ヨナには仲間が必要だと。ハクを死なせたくないヨナは、天命にかけ、ハク、そしてユンと共に、「四龍探しの旅」へ出る。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

暁のヨナの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。