岸辺露伴は動かない

岸辺露伴は動かないの基本情報

岸辺露伴は動かないのあらすじ/内容

『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』の登場人物、漫画家の岸辺露伴を中心として展開するスピンオフ作品。タイトルの「動かない」は、「露伴は主人公ではなく、あくまで物語のナビゲーターである」という意味である[1]。第1作『懺悔室』が1997年に発表され、それのみ『死刑執行中脱獄進行中』(1999年刊)に収録されていたが、2008年の第2作『六壁坂』を皮切りにシリーズ化した。2013年にはジャンプ・コミックスとして単行本化され、2018年に単行本第2巻が出てシリーズ化している[2]。掲載誌は一定でなく、これまでに『週刊少年ジャンプ』以外にも複数誌で掲載されている。また、各作品にはエピソードナンバーが冠されているが、発表順や時系列順というわけではない。単行本では、各短編に作者自身が解説をつけている。また収録作品のカラーページは全てモノクロに変更され、タイトル表示の関係で他ページより縮小されている。荒木飛呂彦によれば、第1作の『懺悔室』を書く際、編集部からは「スピンオフ・外伝は絶対禁止」という条件で執筆依頼を受けており、最初は露伴を登場させずに描いていたが、「狂言回しとしてのキャラクターがいないと話がしっくり来ない」との理由で露伴を登場させることを決めたという[1]。また、この時の禁止令が無ければ露伴のスピンオフ作品は以後書かなかっただろうと述べている[3]。岸辺露伴およびPart4のキャラクターが登場し、単行本の冒頭にはPart4設定基準での露伴のプロフィール(1979年生、1999年に吉良吉影と戦ったなど)が掲載されているが、Part4と諸設定が異なっている場合がある。また、仗助は一貫して後ろ姿のみの登場となっており、セリフも一切ない。これは「ひとつの作品に主役はふたり並び立てない」という荒木の考えからである事がOVA監督の加藤敏幸によって明かされている[4]。また、荒木は『JOJOVELLER』で当シリーズの世界観について「『ジョジョリオン』と『岸辺露伴は動かない』は隣り合わせの世界」と発言している[5]。内容については岸辺露伴の「取材見聞録」「体験談」「取材先で体験した恐怖のエピソード」などと紹介されており[6]、取材で遭遇した不可思議な現象を露伴がスタンドと機転で切り抜ける、または当該編主人公の体験を露伴が語るというパターンが多い。一部のエピソードは2017年以降にPart4アニメに準じた内容でOVA化されている。詳細はOVAの節を参照。2010年には、同様に岸辺露伴をメインとしたスピンオフ長編『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』が発表されたが、こちらは2011年にフルカラーの愛蔵版コミックスとして単独で刊行されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

岸辺露伴は動かないの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。