英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATION

英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATIONの基本情報
監督橘正紀
原作英雄伝説 空の軌跡
制作キネマシトラス

英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATIONのあらすじ/内容

導力器(オーブメント)と呼ばれる技術が発達した架空の世界において、エレボニア帝国とカルバード共和国という2つの大国に挟まれたゼムリア大陸の小国・リベール王国を舞台とし、旅の中で遊撃士(ブレイサー)として成長していくエステルとヨシュアの様子を描いていく物語。《英伝シリーズ》の第6作目ではあるが、同シリーズは数作毎に世界設定を一新しており、第1・2作からなる第1期〈イセルハーサ編〉・第3・4・5作からなる第2期〈ガガーブトリロジー〉とは世界設定を共有していない。本作より第3期〈軌跡シリーズ〉が始まっており、同シリーズの続編となる『英雄伝説VII』とは世界設定だけではなく、基本的なゲームシステムも共有している(世界設定の詳細については英雄伝説 軌跡シリーズ#世界設定および#世界設定を、システムの詳細については英雄伝説 軌跡シリーズ#ゲームシステムおよび#ゲームシステムを参照)。本作は物語の前編・後編・後日譚に該当する「英雄伝説 空の軌跡FC」・「英雄伝説 空の軌跡SC」・「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」の3作を合わせて《英伝シリーズ》の第6作目と位置づけられているため[8]、《英伝シリーズ》通算では6・7・8作目に当たる。また本作から始まる〈軌跡シリーズ〉通算では1・2・3作目の作品となっている。いずれの作品もWindows (Win) 向けにオリジナル作品が発表され、その後PlayStation Portable (PSP) へと自社移植が行われている。売上本数は、『空の軌跡』シリーズ累計で90万本以上[9]、続編も合わせた〈軌跡シリーズ〉全体の累計では190万本を越える[10]。PSP版『空の軌跡FC』については2006年9月発売からロングセラーを続けており、2013年12月時点での累計出荷本数は50万本を突破している[11]。本編以外にも本作の世界設定やキャラクターを使った派生ゲーム作品も発売されており、また様々な形でのメディアミックスも行われている(詳細は#派生ゲーム作品および#メディアミックスを参照)。『英雄伝説VI 空の軌跡』のタイトルで Win 向けに2004年(平成16年)6月24日に発売された前編。《英伝シリーズ》通算では6作目、〈軌跡シリーズ〉通算では1作目となる作品。「SC」の発売以降はシリーズナンバリングを外し、第1章を意味する FC(First Chapterの略)を追加した「英雄伝説 空の軌跡FC」へと販売タイトルが変更されている。《英伝シリーズ》としては1999年(平成11年)に発売された『英雄伝説V 海の檻歌』以来4年半ぶりのシリーズ作品となり、シリーズでは初となる3Dフィールド[注 5]やファルコム作品初[12]となる主題歌が採用された。パッケージイラストは椎名優が担当。「英雄伝説 空の軌跡SC」のタイトルでWin向けに2006年(平成18年)3月9日に発売された後編。《英伝シリーズ》通算では7作目、〈軌跡シリーズ〉通算では2作目となる作品。SC は第2章を意味する Second Chapter の略。《英伝シリーズ》初となる戦闘ボイスを採用し、初回特典として戦闘ボイスと同じ声優を起用したドラマCDが同梱された。パッケージイラストは前作に引き続き椎名優が担当した。「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd」のタイトルでWin向けに2007年6月28日に発売。《英伝シリーズ》通算では7作目、〈軌跡シリーズ〉通算では3作目となる作品。「SC」の半年後を描いた後日譚であり、また次作『英雄伝説VII』への布石ともなっている。パッケージイラストの担当者がHACCANに変更された。主人公を星杯騎士であるケビンに変更し、登場キャラクター達のその後や過去話などを断片的なエピソードとしてまとめる等、外伝的な作品となっている。初版から Microsoft Windows Vista に対応した最初のファルコム作品[注 6]でもあり、シリーズのPC向け作品としては最終作品でもある。全作、PlayStation Portable (PSP) へと自社移植が行なわれている。PSP版「FC」はWin版「SC」の後、PSP版「SC」はWin版「the 3rd」よりも後に発売されており、それぞれ先行するWin版の次作から戦闘ボイスなどの新要素が加えられている(「FC」のヨシュアの戦闘ボイスは新規収録)。2010年12月16日には3作の廉価版発売と、「FC」・「the 3rd」のPlayStation Storeにおけるダウンロード版の配信が行われた。2011年3月3日より、「FC」の無料体験版がダウンロード配信された。「:改 HD EDITION」として全作のPlayStation 3 (PS3) 版が発売されたが、移植ではなくPSP版のプログラムをエミュレータでPS3上で動かす「PSP Remaster」であり、解像度のフルHD化や3Dテレビでの立体視対応を除けばPSP版そのままの内容。セーブデータはPSP版と共用できる。2014年12月25日に「FC」のPlayStation Vita(PS Vita)への移植が発表。2015年6月11日に発売された。「英雄伝説 空の軌跡 FC Evolution」のタイトルで、「零の軌跡 Evolution」「碧の軌跡 Evolution」同様に、ファルコムとキャラアニが企画・制作を行い、角川ゲームスが発売する[13]。これまでの「Evolution」2作同様にキャラクターの会話をフルボイス化するほか、楽曲のフルアレンジ、キャラクターの立ち絵などのビジュアルを描き直してHD画質に対応、「Evolution」を基準にした新しいユーザーインターフェースを採用するなど、全面的なリニューアルが施される。同年12月10日には、同じく「SC」のフルボイス版となるPS Vita用ソフト、「英雄伝説 空の軌跡 SC Evolution」が角川ゲームスより発売。2016年7月14日には「the 3rd」のフルボイス版となるPS Vita用ソフト、「英雄伝説 空の軌跡 the 3rd Evolution」が角川ゲームスより発売。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

英雄伝説 空の軌跡 THE ANIMATIONの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。