淫獣学園 La☆BlueGirl 復活篇

淫獣学園 La☆BlueGirl 復活篇の基本情報
原作前田俊夫
制作エム・ティ・ヴィ(1巻)スタジオ旗艦(2巻から真まで)アームス(EX以降)

淫獣学園 La☆BlueGirl 復活篇のあらすじ/内容

単行本はリイド社のSPコミックスおよびシュベール出版のシュベールコミックスで刊行された。リイド社版は『La☆BlueGirl』のタイトルで全2巻、シュベール社版は『ラ・ブルー・ガール』のタイトルで全4巻となっており、ストーリー的にはリイド社版からシュベール社版へと続くようになっている。また、単行本未収録のエピソードも存在する。『うろつき童子』『妖獣教室』など他の前田作品と同様、触手責めのシーンが散見され、ユーモアと触手というジャンルの自己パロディも含んでいる。1992年に『淫獣学園 La☆BlueGirl』(いんじゅうがくえん ラ・ブルー・ガール)のタイトルでアダルトアニメとしてOVA化されて以降は『淫獣学園』がシリーズ名として用いられるようになり、4シリーズ全14巻のヒット作となった。アダルトアニメ版のフィルムコミック、実写アダルトビデオ版(全3話)、イラスト集、アダルトゲーム版などもリリースされた。アダルトアニメ版タイトルに「学園」がついているものの、主人公のくノ一の少女・美童巫女が通学する学校はそれほど重要な舞台として描写されてはおらず、平行世界(パラレルワールド)である「色魔淫界」と呼ばれる異界が主な舞台である。人間界と色魔淫界で、くノ一の巫女が敵の忍者集団や「色魔」などの異界の魔物たちを相手に、「淫術」を駆使したエロティックなバトルを展開する。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

淫獣学園 La☆BlueGirl 復活篇の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。