悪の女幹部 フルムーンナイト

悪の女幹部 フルムーンナイトの基本情報

悪の女幹部 フルムーンナイトのあらすじ/内容

(出典:[1][2][3])月面の女系国家グレート・ルナリアムの唯一の男性幹部であるカツマは、女幹部たちからこき使われ、地球の正義の味方・シルバスターにやられては女幹部たちから馬鹿にされるという屈辱的な日々を送っていた。ある日、彼は女幹部によってシルバスター共々罠にはめられ、シルバスターの一人である十六夜まりあに助けられる。まりあを押し倒した際、カツマの中に眠っていた特殊能力エンブレム・スティールが目覚める。その能力はイカせた相手の「月の紋章」を奪うもので、彼はまりあを丸め込むと同時に、その能力を使って女幹部たちへ復讐していく。(出典:[4][5])敗北を喫してばかりの女幹部たちは、ルナルバース13世の命により、特訓合宿を行うことになった。合宿先である地球の海水浴場に来て、バカンスではないかと思う彼女らの前に現れたのは、一人の老婆。彼女は、月狼族の元族長にしてセレーナの先祖であるヘカテリーナだった。そこへカツマの策略により十五夜姉妹まで現れる。(出典:[7])飛村英吾は私立大戸岐学園へ赴任したが、学園は悪の組織「ブラックメルヘン」に支配されていた。正義のヒロイン・バッケンローダーの要請により、英吾はブラックメルヘンに幹部として潜入し、女幹部たちを敗北させて更生させていく。月面の女系国家グレート・ルナリアムの唯一の男性幹部であるカツマは、女幹部たちからこき使われ、地球の正義の味方・シルバスターにやられては女幹部たちから馬鹿にされるという屈辱的な日々を送っていた。ある日、彼は女幹部によってシルバスター共々罠にはめられて始末されそうになる。しかし、女幹部の一人でありカツマの幼馴染でもあるカグヤがルナテミス達のやり方に反発してG・ルナリアムを裏切り、カツマを助け出したことで新しい物語の幕が切って落とされる。シリーズ第1作のIFストーリーとも言うべき作品で、カツマはカグヤを始めとした様々なヒロインを率いて、宇宙人の侵略から地球を守る隊長として活躍することになる。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

悪の女幹部 フルムーンナイトの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。