ぼくのマリー

ぼくのマリーの基本情報
監督望月智充
制作ぴえろ

ぼくのマリーのあらすじ/内容

増刊ヤングジャンプ1987年ザ・グレート青春号掲載にて短編として発表(短編集に収録)。後の連載化にあたっては新たに導入部から描かれている。連載当初は青年誌にありがちなラブコメディであったが、作品の中盤から終盤にかけてはひろしと真理との間の男女としてのすれ違い、また人間ではないガイノイドとしてのマリの苦悩なども描かれている。OVA版とラジオドラマ版は連載当初の世界観で制作されている。竹内にとっての初の週刊連載作にして出世作、かつ後の『ちょこッとSister』と並ぶ代表作。ひろしの妹として制作されたマリの名の由来は、映画『メトロポリス』に登場する人造美女・マリアなどに代表される「造られた女性」のイメージから来たものであると、ラジオ特番で作者が語っている。タイトルはザ・タイガースの「僕のマリー」に由来するが、内容は特に関係ない。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ぼくのマリーの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。