ベルサイユのばら 生命あるかぎり愛して

ベルサイユのばら 生命あるかぎり愛しての基本情報

ベルサイユのばら 生命あるかぎり愛してのあらすじ/内容

1972年21号から1973年まで『週刊マーガレット』(集英社)にて連載。フランス・ブルボン朝後期、ルイ15世末期からフランス革命でのアントワネット処刑までを描いている。前半はオスカルとアントワネットの2人を中心に描き、中盤以降はオスカルを主人公として、フランス革命に至る悲劇を描いた。宝塚歌劇団による舞台化の大成功が作品のヒットに拍車をかけ、テレビアニメ、劇場版アニメなどが制作されて社会現象化した。オーストリアの作家・シュテファン・ツヴァイク[注釈 2]の小説『マリー・アントワネット』に感銘を受けた池田が、同小説を(史実部分の多くは訳文から)参考にして描いた作品。作中で描かれたオスカルのフランス衛兵隊ベルサイユ常駐部隊長時代の軍服は、フランス革命期のものではなく、より豪華絢爛なナポレオン帝政期のものを基にしたとされている[1]。新書版・文庫版・愛蔵版など多くの単行本が発売され、現在は文庫刊行15周年記念の新装版が発売中。2014年8月25日に集英社から40年ぶりに新エピソードの単行本が発売される[2][注釈 1]。『新エピソード』ではアンドレ編を雑誌掲載時から15ページ加筆[3]。更に2014年7月1日にマーガレットコミックス1 - 10巻を復刻発売した[3]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ベルサイユのばら 生命あるかぎり愛しての動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。