フロム I"s アイズ 〜もうひとつの夏の物語〜

フロム I"s アイズ 〜もうひとつの夏の物語〜の基本情報
監督神戸守
原作桂正和
制作ぴえろ

フロム I"s アイズ 〜もうひとつの夏の物語〜のあらすじ/内容

『週刊少年ジャンプ』(WJ、集英社)誌上において1997年19号から2000年24号まで連載されていた。単行本はジャンプ・コミックスより全15巻。完全版がヤングジャンプ・コミックスより全12巻。累計発行部数は1000万部以上[1]。デビュー以来『WJ』編集部から恋愛漫画の執筆を要請されていた桂が初めて編集部の意向を汲み[2]、自身の嗜好であるSF的な要素を排して執筆した作品であるため[3]、桂正和らしからぬ作品と言える。単行本全15巻と最長の連載作品である(『電影少女』も全15巻だが、13巻の「あい編」と2巻の「恋編」に分かれる)。同じ恋愛作品であっても、登場人物全員の気持ちを綿密に書き出し[4]、全員を上から見下ろす様な視点で描かれた『電影少女』とは異なり、「エム」において用いられた一人称表現を使い、主人公である一貴1人の視点のみで物語が描かれている[5]。このため、一貴以外の心理描写や一貴が見ていない状況は原則として描かれておらず(例外有り)[5]、一貴以外の気持ちについては想像はできても、相手がその言葉を口にするまでは決して知る事は出来ない。読者はあくまで一貴としてロールプレイング的にこの作品を読み進める事となる。2005年より刊行された完全版では新たに表紙イラストが描き下ろされた他、新たに彩色がなされたページが存在する。小説化・2度のOVA化・テレビゲーム化と様々な形でメディアミックスが行われており、1999年にはボックスセット『I"s BOX』が販売されている。2017年10月、BSスカパー!・スカパー!オンデマンドにて実写ドラマ化が決定されたことが明らかになった。俳優の岡山天音を主演に迎え、オリジナル連続ドラマ『I”s』として2018年春より放送・配信を開始する[6]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

フロム I"s アイズ 〜もうひとつの夏の物語〜の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。