ぶっとび!!CPU

ぶっとび!!CPUの基本情報
監督日高政光

ぶっとび!!CPUのあらすじ/内容

本作は、『ヤングアニマル』(白泉社)1993年23号から1997年19号まで、『砂の薔薇』の休載期間を利用する形で短期集中連載された。単行本は全3巻、文庫版(MFコミックス版)は全2巻が刊行されている。連載当時のまだパソコンが一般家庭に普及しているとは言えない時代に電脳世界での冒険や非日常的な要素を満載した世界観が描かれ、空想的ながらも人とパソコンの心が触れ合う未来図を予想した内容である。なお、本作は『エリア88』や『砂の薔薇』などのリアリズム路線とは対照的な、新谷作品の中でも異彩を放つ作風になっている。本作に登場する美少女型パソコンはDNAを登録されたオーナーの活性細胞を、性行為を通じてインストールすることでメモリを増設するという設定になっているが、一度採取した細胞は72時間しか保存できないため最低でも週に一度はメモリを増設しなければならず、強力な能力を使用するにはメモリの更なる増設が必要となる。そのため、主人公が美少女型パソコンから常に性行為を迫られるというシチュエーションが本作の基本設定となる。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ぶっとび!!CPUの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。