ファイアーエムブレム 紋章の謎

ファイアーエムブレム 紋章の謎の基本情報
監督三沢伸
制作スタジオ・ファンタジア

ファイアーエムブレム 紋章の謎のあらすじ/内容

2巻まで発売され、その後の制作は「作品の人気次第で続行の可否を決める」としていたが、結局制作は中断となり、未完の作品となっている。任天堂より発売された同タイトルのスーパーファミコン用ゲームソフト『ファイアーエムブレム 紋章の謎』が原作で、第1部・暗黒戦争編より序盤のMAP1「マルスの旅立ち」からMAP3「デビルマウンテン」までのストーリーが展開される。北米ではADV Films社が発売。なお、原作となるゲームは北米未発売であるが『大乱闘スマッシュブラザーズシリーズ』の海外版には、日本版と同様に本作の主人公・マルスが登場し、声優も緑川光がそのまま起用されている。『幻影異聞録♯FE』では、緑川、子安武人、小杉十郎太が同じキャラクターで出演している。その中でマルス役[1]と、ナバール役は決め打ちによる選考をしたと、安藤佳織の公言があった[2]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ファイアーエムブレム 紋章の謎の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。