ハイスクール・オーラバスター

ハイスクール・オーラバスターの基本情報

ハイスクール・オーラバスターのあらすじ/内容

異能を持つ高校生を主人公とした、学園ファンタジー小説である。神の化身とされる〈空の者〉陣営と、鬼とも妖怪とも呼ばれる存在〈妖の者〉陣営との熾烈な戦いを描く。1989年の第1作『天使はうまく踊れない』に始まり、2004年までに集英社よりコバルト文庫22冊、四六判上製本1冊が刊行された。コバルト文庫の看板作品のひとつといえるほどの人気を誇り、当時イラストを担当していた漫画家である杜真琴によるコミカライズの連載、イメージアルバムやドラマアルバムといったCDの発売などのメディアミックスが積極的に行なわれた。1997年よりイラスト担当者を高河ゆんに変更し、同年、高河のイラストに寄せたキャラクターデザインによるOVAが製作され、並行してドラマCDも発売された。2004年の『オメガの空葬』を最後に、コバルト文庫からの刊行は途絶する。長期の中断を経て、2011年、徳間書店トクマ・ノベルズより「ハイスクール・オーラバスター・リファインド」とシリーズタイトルを変更して続刊が発売された。「リファインド」は「refined(精製した・磨いた・純化した)」という意味とのこと[2]。イラスト担当者は東冬に変更された。徳間書店で刊行が再開した時点で集英社からの既刊は絶版となっており、2012年、「ハイスクール・オーラバスター 完全版(ビギンズ)」として朝日新聞出版朝日ノベルズより新装版が刊行開始したが、これは売上不振により、紙書籍・電子書籍とも2巻で途絶している。2018年、集英社からの(四六判を除く)コバルト文庫既刊全巻が、電子書籍として配信された。2019年、著者は自身のツイッターアカウントにおいて、新作脱稿の報告と同時に、次の作品で完結となることを発表した[3]。著者は同人活動においても、頻繁に本作の短篇を書き下ろした冊子を発行している。メディアミックス作品のスタッフやオリジナル声優を起用したCDもしばしば制作しており、2018、2019年に制作した3枚のCDでは、主人公級のメインキャストを一通り招いている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ハイスクール・オーラバスターの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。