のたり松太郎

のたり松太郎の基本情報
監督竹内啓雄
原作ちばてつや
制作虫プロダクション

のたり松太郎のあらすじ/内容

人並み外れた怪力を持つ暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士に育つというストーリーを中心に、相撲部屋の日常や力士達の一喜一憂を描いた作品である。小学館のビッグコミックにおいて、1973年8月 - 1993年6月、1995年10月 - 1998年5月と合計20年を越え連載、ちばの作品の中では他に類を見ない超長編である。しかし完結との告知はない。1977年、小学館漫画賞青年一般部門受賞。同年、日本漫画家協会賞特別賞受賞[1]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

のたり松太郎の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。