なつきクライシス

なつきクライシスの基本情報
監督千明孝一(第1巻)坂田純一(第2巻)
原作鶴田洋久
制作マッドハウス

なつきクライシスのあらすじ/内容

『ベアーズクラブ』平成2年1月号より連載開始、同誌での連載は平成3年6月号までの全18話を以って終了したが、『ビジネスジャンプ』平成3年10月8日増刊号にて読み切り1本を掲載、翌平成4年2号より連載を再開し、平成9年17号にて全117話、両誌合わせて全135話を以って完結した。この作品の第1話は本来、新人賞応募用の読切短編として持ち込まれたが、連載が決定し著者のデビュー作となった[1]。見かけはごく普通の女子高生である主人公・なつきが、得意の空手を使い様々な技を持つ格闘技使いらと闘う姿を描く、アクションシーンを主体とする漫画である。なつきは優れた技と運動能力で屈強な大男にも立ち向かい、しばしば迷いや挫折を克服しながら、仲間たちと共に成長を重ねていく。体格も筋力もごく一般的な女子高生であるなつきに対して、対戦者はしばしば2m以上もある大男だったり、素手でコンクリートを破るなど超人的な腕力を持つ存在として描かれる。こうした演出について著者は、“「筋力や骨格の優位による強さ」に優る「練磨された技による強さ」が存在する”という主題を描くには少女の主人公が適していたため、と述べている[1]。また、執筆に際して著者は、沖縄剛柔流の書籍を参考[2]にしたり、心道流の著名な師範である宇城憲治へ2度の取材[1]を行うなどしており、単なる格闘描写のみならず、「対すれば相和す」「和合の理」「他尊自信」といったそれら流派の持つ理念が度々強調されるのが特徴であった。単行本化に際し、『ベアーズクラブ』収録分を納めた第1 - 3巻カバートビラには順に萩原一至、ジャッキー・チェン、円英智が推薦文を寄せている(第4巻以降は著者によるコメントを掲載)。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

なつきクライシスの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。