ドリトル先生物語 (アニメ)

ドリトル先生物語 (アニメ)の基本情報

ドリトル先生物語 (アニメ)のあらすじ/内容

ヒュー・ロフティングの児童文学作品『ドリトル先生』シリーズを原作とするアニメ作品としては1970年に米国で製作され、日本では1972年よりNHKで放送されたテレビアニメ「ドリトル先生航海記」以来のアニメ化であるが、同作品の続編やリメイクではない。米国で『ドリトル先生』シリーズの映像化に関する権利を保有している20世紀フォックスと日本のアニメ制作会社・ナックが共同製作し[1]、米国では1984年に放送された。日本では当初、テレビ放送されず1990年にMYビデオよりVHSソフト(1巻2話収録)の形式で発売されたが、3巻(6話)を以て発売が打ち切られた。その後、7年を経て未発売となった第7話以降を含めNHKの衛星アニメ劇場枠で全話が放送されている。2010年12月よりGYAO!で全13話が配信中[2]。また、2012年7月20日に全話のDVDが発売される予定である。原題が"The Voyages of Dr. Dolittle"であることからもわかるように原作の第2巻『航海記』をベースにしているが、原作の第1巻『アフリカゆき』で生まれ故郷のアフリカに留まり『航海記』で先生がスタビンズと知り合ってから相次いでイギリスに戻って来るオウムのポリネシアとチンパンジーのチーチーは、アニメでは最初から先生の家にいる。また、後半のエピソードは原作の『航海記』と異なり、大半が原作の第1巻『アフリカゆき』をベースにしている関係でトミーの最初の航海はアフリカが目的地となっている。原作に登場するキャラクターのマシュー・マグは猫肉屋でなく、雑貨商の屋台を営んでいる。この他、オリジナルキャラクターとして交易船の船主・トンプソンの令嬢で庶民のスタビンズとも分け隔てなく接するマーガレット(マギー)が登場する。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ドリトル先生物語 (アニメ)の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。