トラジマのミーめ

トラジマのミーめの基本情報
監督影山楙倫
原作松本零士
制作ライフワーク

トラジマのミーめのあらすじ/内容

トラジマの猫・ミーくんを主人公に、飼い主のあつ子一家やノラ猫仲間たちとの日常を描く。松本が東京都練馬区の大泉学園町に引っ越してきた当時の自宅近辺を背景として、ミーくんとミーくんを飼う家族の心のつながりを描いた作品である[1]。主役の猫・ミーくんは松本が14年間飼っていた同名の猫をモデルとしており、後述するあらすじにおけるミーくんとの出会いのくだりを含め、作中のエピソードは松本の実体験が元となっている[2]。第1話ではミーくんとあつ子一家の出会いからミーくんの最期までが描かれ、第2話以降はミーくんが14年間生きてきた中で出会った猫にスポットを当てた形式で物語が展開する。いずれも悲しい結末を迎える話となっており、これは後述する単行本併録の読切作品も同様である。秋田書店の少女漫画雑誌『月刊プリンセス』1975年9月号-1977年12月号にて、PART1からPART5まで5本の短編が掲載された。本作を掲載する前に描かれた読切作品に『アイアム・ミーくん!』、『レッツゴー ミーくん!』、『サムライ ミーくん!』、『OK ミーくん!』(いずれも集英社『りぼん』掲載)があり、これらの作品の設定を踏まえて発表されたのが本作である。なお、これらの読切作品は本作『トラジマのミーめ』と共に、1冊の単行本及び文庫として収録され、秋田書店より刊行された。日本以外では2016年にイタリアでも出版されている[1]。作中で描かれるミーくんとあつ子一家が暮らしている町の描写は、松本が練馬の大泉学園に移り住んだ当時の新興住宅街の町並みをモデルにしている。松本によればこれは自宅から大泉学園駅の方角を見た当時の景色なのだといい、当初は民家だけだったが連載で話が進んでいくうちに次々にビルが建ってきたとのことで、当時の急速に進む練馬の建築ラッシュによる変化が作中で描かれることとなった[3]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

トラジマのミーめの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。