デトロイト・メタル・シティ

デトロイト・メタル・シティの基本情報

デトロイト・メタル・シティのあらすじ/内容

デスメタルバンドのフロントマンを嫌々演じる青年の苦悩と、その2つの顔のギャップがもたらす笑いを主軸とするギャグ漫画。キッスや聖飢魔IIを彷彿とさせる「白塗り」「悪魔を自称」といった、HR/HMに対して日本の一般大衆が抱く(間違った)ステレオタイプなイメージを最大限に利用し、このキャラクター像と一般社会とのギャップを強調することで笑いを生み出し、人気を博した。しかし、性的な表現を絶叫するなど従来からのヘヴィメタルへの誤解をさらに助長させるような描写が多く含まれており、『BURRN!』読者などの本格的なメタル支持者らはこの漫画に対して否定的であった。原作者である若杉は、いわゆるHR/HMはあまり聴かず、詳しくもない。『フラッシュEX』でのインタビューでも「自分がデスメタル愛好家なら、このようなギャグマンガとして取り上げはしなかっただろう」という旨のコメントをしている。「このマンガがすごい!2007」(宝島社)オトコ編1位。「このマンガを読め!2007」(フリースタイル)1位。2008年にはOVA / 実写映画化されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

デトロイト・メタル・シティの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。