でたとこプリンセス

でたとこプリンセスの基本情報
監督新房昭之
原作奥田ひとし
制作J.C.STAFF

でたとこプリンセスのあらすじ/内容

小説雑誌(ライトノベル文芸誌)である富士見書房『月刊ドラゴンマガジン』にて1992年10月号から1998年11月号まで連載された、スラップスティック(ドタバタ)によるギャグコメディーを主軸としたハイ・ファンタジー漫画。魔法の国〈ソーサランド〉の王女・ラピスを中心に繰り広げられるドタバタ騒動を主内容とした物語である。そのため基本的にはギャグ漫画だが、時折シリアスな展開や人情味あふれる物語を展開する事もあった。連載時には話数やサブタイトルの表記は無く、単行本化にあたって追加されている。サブタイトルには、該当話の登場人物(時にモブキャラのこともある)が放った言葉が用いられている。ギャグ手法のひとつとして、登場人物がナレーションに絡む、富士見書房の他作品や過去の名作をギャグのネタにするなど、頻繁にメタフィクション(第四の壁破壊)が活用された事が特徴に挙げられる。単行本は当初、富士見書房の富士見ファンタジアコミックスから発刊されていたが、連載途中より富士見書房の親会社となった角川書店のドラゴンコミックスにレーベル移籍した。角川書店のメディアミックス展開により、ラジオドラマとそのCD化、OVAなどの作品も制作されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

でたとこプリンセスの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。