ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかII

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIIの基本情報

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIIのあらすじ/内容

円形都市オラリオとその地下に広がるダンジョンを主な舞台とした神の眷族が織り成すファンタジー作品[1]。本編は駆け出しの冒険者である主人公ベル・クラネルがオラリオで出会ったヒロインたちを救い、英雄へと成長する物語である。外伝『ソード・オラトリア』は本作品のヒロインであるアイズ・ヴァレンシュタインがあまりにも強過ぎて、本編全ての出番を奪いかねないことから、その実力を遺憾なく発揮できる場として企画された派生作品であり[2]、『ファミリアクロニクル』シリーズは本編と外伝で掘り起こしきれない多くのキャラクターたちの過去を描くための作品である[3]。本作品は大森のデビュー作であり、小説投稿サイト「Arcadia」に『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか』のタイトルで投稿されていた[注 1]。これを『ファミリア・ミィス』へ改題し、第4回GA文庫大賞へ投稿して大賞を受賞し[4]、タイトルを戻して2013年に書籍化された。さらに、アイズ・ヴァレンシュタインを主人公にした外伝『ソード・オラトリア』が2014年から連載され、『ファミリアクロニクル』シリーズがリュー・リオンを主人公として2017年に刊行され、2019年においてシリーズの累計で1200万部が発行されている[5]。第3回『ラノベ好き書店員大賞』を2014年に受賞し[6]、2016年に『第2回SUGOI JAPAN Award』でラノベ部門1位を獲得[7]。2020年版『このライトノベルがすごい!』では2010年代総合ランキングで第4位に入っている[8]。メディアミックスとして、2013年に本編、2014年に外伝『ソード・オラトリア』の漫画化され、2015年に本編のテレビアニメが放送され、同年には『クロス・イストリア』のタイトルでゲーム化される。2017年には外伝『ソード・オラトリア』のテレビアニメが放送され、『ファミリアクロニクル episodeリュー』の漫画が文庫本と同時連載され、『メモリア・フレーゼ』と『オラリオ・ラプソディア』のタイトルでゲーム化される。2019年には劇場版アニメ『オリオンの矢』が公開され[9]、同年に本編のテレビアニメ第2期が放送され[10]、2019年11月に『インフィニト・コンバーテ』のタイトルでゲーム化されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうかIIの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。