タイムボカン王道復古

タイムボカン王道復古の基本情報
監督しぎのあきら
原作タツノコプロ企画室

タイムボカン王道復古のあらすじ/内容

30周年記念と銘打つとおり、『タイムボカンシリーズ』を中心としたタツノコプロ作品のキャラクターが複数登場する。特に第2話は、タツノコキャラクターが多く住むという架空の都市「タツノッコン王国」が舞台で、テレビアニメ第1作の『宇宙エース』を初めとする多数のキャラクターがゲスト出演している。第1話は『チキチキマシン猛レース』風の、妨害など何でもありのレースを『タイムボカン』シリーズ各作品の三悪同士で競い、優勝したものが次回で主役を張れるという筋書き。第2話は『ヤッターマン』のフォーマットをそのままなぞる。富山敬がナレーションと登場キャラクターを務めた最後のタイムボカンシリーズでもある。また、途中で登場するオハヤシ星人を漫画家の奥谷かひろ(第1話の脚本を手がけたあかほりさとるの妹)と歌手の甲本ヒロトが演じている(両者とも、テレビシリーズと同様に視聴者応募で選ばれたという設定)。2008年から開始された『ヤッターマン』(第2作、読売テレビ制作)及び 『夜ノヤッターマン』(TOKYO MX他で放送)は、このビデオのことには一切触れていない。なお、前述の『夜ノヤッターマン』を放送していたTOKYO MXでは、2016年5月5日の19:30-20:30にMX2(サブチャンネル)で第1巻・第2巻を地上波でそのまま放送した[1]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

タイムボカン王道復古の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。