ストラトス・フォー アドヴァンス

ストラトス・フォー アドヴァンスの基本情報
監督もりたけし
原作スタジオ・ファンタジア
制作スタジオ・ファンタジア

ストラトス・フォー アドヴァンスのあらすじ/内容

萌えと軍事兵器を融合させた作品で、一部の航空機は実在の機体をモデルとしている。下地島空港や航空自衛隊等が全面協力し、基地とパイロットとの連携が必須となる作品性から管制シーンが多く登場する。大気圏内は手描きで、宇宙空間はCGで描かれている。スタジオ・ファンタジアの代表である飯塚智久が、ゴンゾのテレビアニメ『ヴァンドレッド』を見て監督のもりたけしに集団劇の面白さを学ぶべく本作への続投を依頼したところ、もりがこれを快諾した。そのため、本作には『ヴァンドレッド』のスタッフや声優が多数続投している[1]。また、もりは後にメディアファクトリーから出版された小説版の執筆も担当している。企画は、ヒロインたちがどこで何と戦うかという点について難航した。スタジオ・ファンタジアが本作の前に制作していたテレビアニメ『ナジカ電撃作戦』がアメリカ同時多発テロ事件の影響で修正を指示されたことも重なり、当初予定されていた戦う舞台は地上から宇宙へ変更され、戦う相手はキャラクターデザインの山内則康が挙げた案を採用して彗星となった。また、スタジオ・ファンタジアが3DCGを導入した初のアニメ作品ともなっている[1]。OVA第2シリーズ『ストラトス・フォー アドヴァンス』第1話では軍事評論家の岡部いさくがキャラクターとして実名で登場し、声優も担当した。音楽は天野正道のオリジナルだが、一部の劇伴(オリジナルサウンドトラック / 7曲目.試練)ではホルストの惑星「第4曲 : 木星 - 快楽の神」のモチーフが見られる。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ストラトス・フォー アドヴァンスの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。