ストライク・ザ・ブラッド IV

ストライク・ザ・ブラッド IVの基本情報
監督山本秀世
原作三雲岳斗
制作SILVER LINK.(第1期・第2期)CONNECT
声優

ストライク・ザ・ブラッド IVのあらすじ/内容

『ダンタリアンの書架』を書き終えた三雲岳斗は、トリッキーな面ではやりたいことをひと通りやり尽くしたとして、本作では原点回帰かつ正統派を目指した。しかし、過去の吸血鬼もので吸血鬼がネガティブに描かれていることに着目して現在の読者の嗜好と照合した結果、本作では日差しの強い南国の人工島を舞台としたり、古典的な吸血鬼へのアンチテーゼとして青のイメージを採用するなど、吸血鬼ものとしては捻った作品になっている[1]。一種のバディものであるとも定義している。メインヒロインの姫柊雪菜をはじめ女性陣が数多く登場するためにハーレムものと思われることも多いが、彼女と組む世界最強の吸血鬼である主人公の暁古城が仲間内では突出した孤高の存在ではないことに重点が置かれており、彼が世界を救うより先に身近な人を守りたいという欲求ゆえに戦う理由やヒロインたちとの絆に納得感が出るとしている[1]。読者に無用なストレスを与えないことにも注力しており、過去のトラウマや人間関係の悪化、そして登場人物を苦しめるようなことをそれぞれ無意味に盛り込まないよう、意識しながら執筆している。また、大きな伏線の処理には苦労しており、読者をモヤモヤさせないように古城を困らせながら読者をワクワクさせるよう、情報開示の過程や状況のバランスには気を遣っている[2]。第1部「聖殲編」は第15巻をもって完結し、第16巻からは第2部「終焉編」となる。累計発行部数は、後述のテレビアニメ版の制作が発表された時点で第6巻までが計55万部[3]、放送が開始された後の時点で第9巻までが計150万部[4]、2015年の時点で180万部を突破している。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ストライク・ザ・ブラッド IVの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『ストライク・ザ・ブラッド IV』の無料作品情報(第1話 ~ 第2話)

話数タイトル検索
第1話
第2話
目次に戻る