スーパーリアル麻雀

スーパーリアル麻雀の基本情報

スーパーリアル麻雀のあらすじ/内容

1987年にシリーズ化の母体となる第1作が発売され、シリーズは7作目まで展開。各シリーズは家庭用ゲーム機やPCへも移植されている。ジャンルとしては脱衣麻雀である。脱衣シーンはそれまでの脱衣麻雀の静止画とは異なり、本作の脱衣シーンはアニメーターの手描きによるアニメーションとして描かれている。滑らかに動き、さわやかな笑顔で脱衣する魅力的な対戦相手のヒロイン、という路線を確立した『P2』のショウ子の脱衣画像が掲載された新声社刊『ゲーメスト』1988年4月号の巻末カラー記事は話題となり、中には雑誌を買わずに該当のページを切り取って盗む者も出たらしく、書店側から発行元にクレームが来たという。更には通販によるバックナンバー販売も掲載号は即完売になったほどで、1988年6月号の読者投稿欄「ゲーメストアイランド」には2ページもの反響が掲載された。この『P2』以降、10年以上にわたって続編が制作されることとなった。また、移植版『スーパーリアル麻雀 LOVE 2~7!』の販売元であるシティコネクションの吉川延宏によると、本シリーズは脱衣麻雀の作り手たちにとって思い入れのある作品であり、たとえば『アイドル雀士スーチーパイ』の開発チームは本シリーズとの差別化を目標としたとされている[1]。本シリーズに関してしばしば、なぜタイトルが「スーパーリアル」なのか、という疑問が呈されることもある。これは、シリーズ第1作目のセールスポイントである「麻雀としての質感や洗牌の動作、牌を動かす手の動作などが非常にリアル」という要素に由来している。しかし1作目はセールス面で大失敗に終わってしまい、テコ入れを余儀なくされた[1]。そこで発売された続編『PII』の新要素である「アニメーションによる脱衣シーン」が、本作を一気に人気シリーズに押し上げるきっかけとなり[1]、シリーズを大幅に路線変更させることとなった。これにより、本来の「スーパーリアル」な要素は縮小し、4作目『PIV』で完全に撤廃された。以降、「スーパーリアル」という言葉はシリーズのタイトルに冠しながらも本来の意味を失った「昔の名残」となった。また、「リアル麻雀」ではない(「スーパー」を冠する)のは、セタは第1作目の前となる1985年から1986年にかけて、アーケードゲームの脱衣麻雀『リアル麻雀 牌牌』シリーズを開発(販売はアルバおよびビスコ)していたことが経緯としてある。当時の従来作品ではカードのように平面で表現されていた麻雀牌を立体で表現する先陣を切ったほか、従来作品よりもより実際の麻雀に近いルールを採用していることが特徴。『スーパーリアル麻雀』とはシリーズ作品としての関連はないが、「リアル」のコンセプトは共通した実質的な前身となっている。アーケードゲームとしては『スーパーリアル麻雀VS』まで8作が制作された後、シリーズは休眠状態となった。これは、後に「JAMMAの自主規制により、脱衣麻雀がアーケードでの展開ができなくなった」ことも一因とされる。なお、実際には名目上の自主規制であり、『VS』の次作『P8』の開発も、セタの会報誌『P'sClub』1999年8月10日号で発表され、アイディア公募も実施された。しかし、セタがアルゼに買収されたため、この号限りでファンクラブは終了し、会報誌も最終号となった。その他、「家庭用ゲームソフトに対する暴力行為や性的描写に対する規制が厳しくなったため、コンシューマへの移植などの展開ができなくなった」「メーカーであるセタが、セタ及び本シリーズとの関わりが大きかったサミーとの仲が非常に険悪なアルゼ(後のユニバーサル・エンターテインメント)に買収された」などの要因もある。なお、セタはアルゼの完全子会社と化した後、2009年2月9日付けで解散・清算された。シリーズ休眠後にはアルゼにより脱衣要素を排除し、キャラクターデザイナーを変更した『新スーパーリアル麻雀 Hai☆Paiパラダイス』(しんスーパーリアルまーじゃん はいぱいパラダイス)が制作されているが、セールスは上がらず、2作限りとなっている。2003年以降は、脱衣麻雀要素は無いものの、携帯アプリとしてシリーズのヒロインを用いたミニゲームを楽しむことができるようになった。また、2009年3月にはアルゼのパチスロブランド「メーシー」より、パチスロ版『スーパーリアル麻雀』が発表された。本作品のコンテンツは、長らくユニバーサル・エンターテインメントで運営が行われ、2013年6月からは、シーエーモバイルに移管した。2015年9月からAndroidアプリでの配信が開始され、ストーリーと声優が一新されている。2016年4月に商標を含む全ての権利が、アルゼが権利を保有してきた時から開発・運営を受託してきたマイティークラフトに移管した。同年8月12日にシリーズ新作の制作を発表[2]、クラウドファンディングによる資金調達を行い、2018年8月21日に21年振りとなるナンバリングタイトル『スーパーリアル麻雀P8』のGoogle Play版が公開された。なお、前述の理由からアーケード向けの脱衣麻雀ではなく、スマートフォン向けのアイドルセクシー麻雀に変わっている[3]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

スーパーリアル麻雀の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。