ジャングルはいつもハレのちグゥ FINAL

ジャングルはいつもハレのちグゥ FINALの基本情報
監督水島努
制作シンエイ動画

ジャングルはいつもハレのちグゥ FINALのあらすじ/内容

ジャングルに住む少年「ハレ」が、正体不明の少女「グゥ」や友人・家族たちの奇行に振り回されるギャグ漫画。全体的に明るいノリだが、登場キャラクターの中にはシビアな過去を持つ者もおり、シリアスな展開となる話も多い。作品の第一部にあたる『ジャングルはいつもハレのちグゥ』はエニックスの漫画雑誌『月刊少年ガンガン』の1997年の第4号から2003年の1月号まで連載された。全100話。単行本は全10巻。2001年にはテレビ東京系列全9局ネットでアニメ化された。OVAも2作作られた(詳細は#アニメを参考)。原作・アニメ共に話数の単位は「illusion」。続編にあたる『ハレグゥ』は同雑誌にて2003年2月号から2009年10月号まで連載された。話数の単位は「ACT」。全81話。単行本は全10巻。ここまでの累計発行部数は390万部を数える[1]。「ハレグゥ」に改名した理由としては、作者いわく「ジャングルにこだわる必要がなくなったから」らしい。以下、本記事のコミックス巻数を示す記述で「新○巻」と表記されていた場合、この『ハレグゥ』の巻数を表すこととする。作者が大阪府出身ということもあり、キャラクターの会話に大阪弁が多用されている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

ジャングルはいつもハレのちグゥ FINALの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。