コードギアス 亡国のアキト

コードギアス 亡国のアキトの基本情報

コードギアス 亡国のアキトのあらすじ/内容

『コードギアス 反逆のルルーシュ』と同じ世界を舞台としたスピンオフ作品。時系列は『反逆のルルーシュ』第1期と第2期『R2』の間に位置し、物語は『反逆のルルーシュ』であまり描かれなかったヨーロッパ方面の国家「E.U.」を舞台としている。2009年12月5日に行われたイベントにおいてコードギアスシリーズの「新プロジェクト」の始動が告知され、その中の1つとして企画された。当初は『コードギアス GAIDEN 亡国のアキト』というタイトルだったが、2012年1月12日に行われた製作発表会において現在のタイトルに決定した。2012年8月4日に第1章が公開された。2013年9月14日に第2章が公開され、興行通信社による観客動員ランキングでは初登場第10位となっている[7]。当初は全4章構成と発表されていたが、2015年5月2日には第3章が公開されると同時に、最終章(第5章)を追加制作することが発表された[8]。登場兵器のうちナイトメアフレーム (KMF) は、『反逆のルルーシュ』『R2』ではそのほとんどがアニメーターによる手描きだったが、本作ではCG制作会社のオレンジが参加しており、同社によるCG描画となっている。『ニュータイプエース』Vol.18(2013年2月発売)より小説版が連載中。作者は小太刀右京、イラストはU.G.Eが担当している。キャッチコピーは第1章が「壊れた世界で 僕らは夢を見る」、第2章が「姿を現す宿敵、呪われしギアスの運命。そして少年たちは新たな戦場へ…」。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

コードギアス 亡国のアキトの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。