クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣いの基本情報
監督新房昭之(総監督)、八瀬祐樹
原作西尾維新
制作シャフト

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣いのあらすじ/内容

主人公である「ぼく」が、周りで起きる殺人事件を解決へと導いていく推理小説であるが、物語が進むに連れてミステリー要素は少なくなっていく。戯言シリーズ全体の英題は「Juvenile Talk」。講談社ノベルス(講談社)より2002年2月5日から2005年11月7日にかけて刊行された。後に文庫化され、講談社文庫より2008年4月15日から2009年6月12日にかけて刊行された。「新青春エンタ」を標榜している。第1作『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』は第23回メフィスト賞を受賞している。文芸雑誌『メフィスト』上の座談会では何回も話題になった上での受賞となった。宝島社「このライトノベルがすごい! 2006」では作品部門第1位を獲得した。シリーズ物であるがネタバレには配慮されており、どの巻から読んでも問題のない作りになっている(複数巻構成である『サイコロジカル』『ネコソギラジカル』以外)[2]。2016年5月6日にアニメ化プロジェクトが発表。同年8月20日に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』がシャフトによってOVAで映像化され、同年10月26日以降、全8巻で発売される。同作者の「〈物語〉シリーズ」とのコラボ小説『混物語』として「第軍話 しおぎレンジャー」、「第招話 あかりトリプル」、「第喰話 りずむロックン」、「第大話 みここコミュニティ」が存在する。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣いの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。