かのこん

かのこんの基本情報
監督大槻敦史
原作西野かつみ
制作XEBEC

かのこんのあらすじ/内容

主人公の小山田耕太の一人称視点で進行[2]するラブコメディである。性描写が含まれ、「ラノベ史上最強の寸止め作品」とのキャッチフレーズがあるが、作者は「純愛小説」と主張する。原作には三浦勇雄の『上等。』シリーズや須堂項の『彼女はミサイル』といった、いずれも作者と同期(第1回MF文庫Jライトノベル新人賞)デビューした作家のパロディが随所に見られるが、対する『上等。』でも第6巻「フェスティバル上等。」で『かのこん』への意趣返し的なパロディ演劇「かれこん」を上演するシーンが登場する。その他にも「おっぱおマイスター」や望が作中で「うごけ、なぜ動かん、じお」と言う場面などのガンダムネタや「デカルチャー」といったマクロスネタもある。あとがきでもパロディがある。2020年4月現在、原作は15巻まで刊行されているが、ストーリーはまだ完結しておらず、未完となっている。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

かのこんの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。