おジャ魔女どれみナ・イ・ショ

アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年3月2日時点のものです。

おジャ魔女どれみナ・イ・ショの基本情報
制作東映アニメーション
声優

おジャ魔女どれみナ・イ・ショのあらすじ/内容

朝日放送の制作により、テレビ朝日系列で放送された、東映アニメーション制作のオリジナル魔法少女アニメ。1999年(平成11年)に『おジャ魔女どれみ(全51話)』、2000年(平成12年)に『おジャ魔女どれみ♯(しゃーぷっ)(全49話)』、2001年(平成13年)に『も〜っと! おジャ魔女どれみ(全50話)』、2002年(平成14年)に『おジャ魔女どれみドッカ〜ン!(全51話)』の全4シリーズ(全201話)が放送された。当初は4クールの放送予定であったが、最終的に地上波では4年(16クール)という長期間の放送となり、この枠の人気作品となった[2]。また2000年・2001年には劇場版も製作された。2004年(平成16年)には、番外編にあたる『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ(全13話)』が製作され、パーフェクト・チョイス(現・スカチャン)でPPV放送され、後に地上波でも放送された。アニメと並行して、たかなししずえによる漫画版も『なかよし』に連載され、単行本『おジャ魔女どれみ』(全3巻)と『も〜っと! おジャ魔女どれみ』(1巻のみ発売)が刊行された。アニメ終了後の2011年(平成23年)12月から2015年(平成27年)12月までは、高校生になった主人公たちを描く小説『おジャ魔女どれみ16』シリーズが講談社ラノベ文庫より展開されている。魔法ヒロイン路線よりも一種の人間ドラマ的なジュブナイル路線を中心に描かれており、自らの意思で魔法を使うのをやめたり、魔法を捨てたりした魔女も描かれており、魔法が決して万能の解決手段ではないことが暗に示され魔法は万能の解決手段というよりも、迷う人物の背中を押す程度であることが多い。初期の挿話では魔女見習いである主人公たちの技量不足もあって全く役に立っていない話、後期には魔法が無くても話が成り立つような話、終盤には魔法を一切使用しない話まで作られた。すべてのシリーズは基本的に一話完結だが、シリーズ全体で見ると1話ごとでストーリーにつながりを持っており、長期シリーズとなったこともあり、以前の話で出てきたキャラクターがその能力や性格を活かした形で後に再登場する、という事例が多い。また四季が放送時期と合わせてある[3]など、物語内の時間経過の速度が現実と大体同じになるように作られていた。また、放送時期の現実の出来事が作中に登場することもあった[4]。さらに、TVシリーズでは主人公陣の一人を通じて家族内の不仲と和解を描き、『も〜っと! おジャ魔女どれみ』では不登校(長期欠席)児童・生徒問題、小説ではあるが『おジャ魔女どれみ16シリーズ』では現代の高校生にとって身近な内容である学校裏サイト問題を取り上げたりと、それまでのアニメでは展開し辛かったアクチュアルな話題も語られている。なお、以上のことを踏まえてシリーズの時系列はテレビアニメシリーズをリアルタイム基軸としており、第5シリーズ以降の物語は作品発表時期が作内時間ではない。特に第6シリーズとなる『おジャ魔女どれみ16シリーズ』では、それに関連して北京オリンピックなどの描写が存在[5]する。1話単位での構成・演出上の特徴としては、第1シリーズ第1話と第5シリーズ第12話を除く全話において、アバンタイトルが通常20秒[6]流されている。内容は本編自体の抜粋からイメージ映像的なもの、あるいはミスリードを誘うような内容であることもままある。しかしアバンタイトルの内容が本編と全く関係ない時もある[7]。第1シリーズ第47話以外のアバンタイトルの全てにフレームが付く。また、CM前後のアイキャッチが第2シリーズまでは12秒、第3シリーズ以降は10秒と比較的長い[8]ことも特徴の一つである。全作を通じて、オープニングアニメーションの変更はマイナーチェンジのみであり、第4シリーズと第5シリーズ第12話を除きエンディングの変更はない。次回予告終端には各シリーズごとに決まった決めゼリフが用意されている。コメディ路線の回ではどれみがオチを担当することが定番となっている。その回のタイトルと次回予告の決めゼリフの読み上げは、春風どれみ担当の千葉千恵巳がシリーズを通して担当している[9]。また提供テロップでは『♯』までブルーバックだったが『も〜っと!』以降は作品のイメージ静止画とBGMになり、次回予告も『♯』までED前だったのが『も〜っと!』第14話以降はED後に移行した。タイトルロゴや主人公の名前にもあるように、音楽に関連する記号や用語が本作品上では頻繁に登場する[10]。第3シリーズ以降では、英語のセリフがいくつか登場したものの、字幕や日本語訳は一切付けられなかった。しかし、セリフの意味については一部除けば前後の文脈から判断することができる。本作は他の魔法少女作品とは異なり、「変身」ではなく「お着替え」である。これは幼い子供の目線で考えた結果、自分で着替えることが一人前への大前提であることから発案されたもの[11]。お着替えであるため、見習い服の下(普段着)のポケットから物を取り出したりもできる[12]。キッズステーションでは、無印から『ドッカ〜ン!』まで放送され、字幕放送も実施。第2シリーズから第4シリーズの第1話は、第1話の途中(後半)でMAHO堂が改装されるため、前半部分は前シリーズのMAHO堂が存在する設定となっている。また、第1話はMAHO堂が改装される日でもあるため、必ず魔女界への行き来が可能な「笑う月」が出る日となる。

引用:Wikipedia
アニメ配信配信状況無料期間
U-NEXT公式サイト
U-NEXT
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
dアニメストア公式サイト
dアニメストア
見放題
見放題
31日間無料
今すぐ見る
TSUTAYA TV公式サイト
TSUTAYA TV
レンタル
レンタル
30日間無料
今すぐ見る

※当ページの配信状況は2020年3月2日時点のものです。

注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

おジャ魔女どれみナ・イ・ショの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。

『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』の無料作品情報(第1話 ~ 第5話)

話数タイトル検索
第1話 『波乱のサイクリング ~男の子のないしょ~』
第2話 『N.YのMAHO堂 ~ももこのないしょ~』
第3話 『泳いでナンボ! ~あいこのないしょ~』
第4話 『ノンスタンダード ~おんぷのないしょ~』
第5話 『涙を知るひと ~ぽっぷとハナのないしょ~』
目次に戻る

『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』の無料作品情報(第6話 ~ 第10話)

話数タイトル検索
第6話 『金平糖の思い出 ~ばあやのないしょ~』
第7話 『タイヤキダイスキ! ~親子のないしょ~』
第8話 『リコーダー事件! ~優等生のないしょ~』
第9話 『バッチグー野球部 ~魔女たちのないしょ~』
第10話 『結婚の約束 ~幼なじみのないしょ~』
目次に戻る

『おジャ魔女どれみナ・イ・ショ』の無料作品情報(第11話 ~ 第13話)

話数タイトル検索
第11話 『バレンタインディ ~はづきのないしょ~』
第12話 『7人目の魔女見習い ~のんちゃんのないしょ~』
第13話 『時をかけるお雛さま ~どれみのないしょ~』
目次に戻る