VitaminX

VitaminXの基本情報

VitaminXのあらすじ/内容

開発はヒューネックス。原画は前田浩孝、シナリオはStory Works 大坂尚子・じんこ・小松千寿子。乙女ゲームでは珍しくキャラクターデザインが男性である。2008年3月27日に、新規イベントが追加(既存のボイスは一部カット)されたニンテンドーDS版『VitaminX Evolution』(ビタミンエックスエボリューション)が発売。本来の攻略対象である生徒6人 (B6) に加え、教師6人 (T6) の攻略も可能となった。2008年10月30日にミニゲーム集『VitaminY』が発売され、2009年3月26日には、主人公と攻略対象が一新された(B6はサブキャラで登場)続編『VitaminZ』が発売された。2010年9月9日には、PlayStation Portableへの追加要素を含む移植版である『VitaminX Evolution Plus』が発売された。2011年2月24日にファンディスクとなるPSP用のソフト『Vitamin XtoZ』が発売された。また、2012年8月20日にPS2版をベースにしたスマートフォン(iPhoneおよびAndroid端末)向けアプリ(月額制)をリリースした。また、2013年12月12日に『Evolution Plus』のニンテンドー3DS版が発売。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

VitaminXの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。