To LOVEる -とらぶる- OVA

To LOVEる -とらぶる- OVAの基本情報
監督加戸誉夫
原作矢吹健太朗、長谷見沙貴
制作XEBEC

To LOVEる -とらぶる- OVAのあらすじ/内容

男子高校生・結城梨斗を主人公とし、三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。『週刊少年ジャンプ』(集英社)において、2006年(平成18年)21・22号から2009年40号まで連載された。全162話。単行本は全18巻で、累計発行部数は700万部を超える[1]。また、矢吹はこの作品について2016年に、「最近はラブコメというよりなんか別物になりつつある漫画を描いている」と語ったこともある[2]。ヒロインであるララや春菜はもちろん、登場する女性キャラクターのほとんどが、美女・美少女として描かれているのが特徴。メディアミックスも展開され、2008年4月から9月までテレビアニメ第1期が放送された。テレビアニメ放送終了後の2009年からは、単行本限定版同梱のOVAが発売されている。連載終了後の2010年には『もっとTo LOVEる -とらぶる-』のタイトルで再度テレビアニメ化され、同年10月から12月まで放送された。前作の『BLACK CAT』に似た設定が一部に見受けられる。物語は基本的に1~2話完結であるが、『とらぶるクエスト』編は6話構成となった。少年誌の限界ともいえる過激なお色気の描写(下着や裸体の描写)が多く、特に単行本では本誌掲載時のものから修正が外され、より過激になっている。それ故、海外版単行本では現地出版社において再修正のうえ発行されている場合がある(裏表紙に修正された旨記載されている。台湾東立出版社等)。世界各国でも翻訳されて単行本が発売されているが、過激な描写が多いため、香港では購入に際して年齢制限が設けられ、台湾では現地で修正された上で発売されている。日本でも、『赤マルジャンプ』2007 WINTERの付録として「To LOVEる -とらぶる- ミニイラスト集」がついてきた際、イラスト集の最終ページに描かれたララと春菜の入浴シーンで、イラストの大部分が泡で隠されるという自主規制がなされた[注 1]。ジャンプSQ.編集部によるとダークネス単行本1巻から16巻までで登場した乳首の総数は1601個で、左乳首は797個、右乳首は804個であった。キャラ別では1位はモモの249個、2位はララの200個、3位はメアの141個で、リトは8個であった[3]。『ジャンプスクエア』(集英社)2010年11月号から2017年4月号まで、スピンオフ作品『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』が連載。『TL』に引き続き、矢吹健太朗(漫画)、長谷見沙貴(脚本)が制作を担当する。また、季刊誌『ジャンプSQ.19』(集英社)2010年冬号から2014年8月発売のVol.15まで『To LOVEる -とらぶる- ダークネス 番外編』が連載された(一応は休載中扱いではあるものの、ジャンプSQ.19は2015年2月発売のVol.18で刊行を終了した)。ただし「スピンオフ」と銘打っているものの、実質的には『TL』の正当な続編となっている。主人公はリトとモモの2人になっており、三角関係を主軸に据えた『TL』とはやや路線が異なり、「バトル路線」と「ハーレム路線」の2つを軸に据えた話が展開される[注 2]。また、青年層も対象読者に含めているジャンプスクエアに移籍したために、女性キャラクターのお色気の描写は『TL』よりも過激になっている。2014年、福島県で9巻のみ青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定された[4]。福島県条例による有害図書指定に伴い、Amazon.co.jpやHOBBY STOCKなどでは、18歳未満者への関連商品の販売を自粛する措置が行われている。2017年3月時点で、本作と前作『To LOVEる -とらぶる-』を合わせた単行本のシリーズ累計発行部数は1600万部を超えている。2012年10月から12月までTVアニメ第1期が、2015年7月から10月までTVアニメ第2期が放送された。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

To LOVEる -とらぶる- OVAの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。