Memories Off

Memories Offの基本情報
監督よこた和(1巻)岡崎ゆきお(2・3巻)
制作イージー・フイルム

Memories Offのあらすじ/内容

本作はKIDの代表作であり、同社の倒産後もブランドを移して継続するに至る人気シリーズの第1弾である。企画当初は、PCからの移植ではないKIDオリジナル作品に成功例が少なかったため、社内でも期待されていなかった。しかし開発陣の熱意により、別の開発ラインを2本停止する背水の陣で挑んで発売にこぎつけた[1]。批判的意見には「前半が長すぎる」「選択肢の意味がわからない」などがあった。特に主人公の性格については、彼を個性ある登場人物の1人として受け入れる層と、自己の分身としての感情移入ができないと拒否反応を起こす層に二分された。その点は他機種への移植に当たって若干手直しがされている[2]。初期設定から変更された要素はシリーズ内でも多いほうで、当初の仮題は『トラウマ』であり、彩花と唯笑は実の姉妹だった。さらに、夢眠(ゆめみ)というヒロインは存在自体が没になっている[3][注 1]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

Memories Offの動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。