HUNTER×HUNTER (1999年のアニメ)

HUNTER×HUNTER (1999年のアニメ)の基本情報
監督嵯峨敏(第1期)ユキヒロマツシタ(第2期)所俊克→ 佐藤真人(第3期)
制作日本アニメーション

HUNTER×HUNTER (1999年のアニメ)のあらすじ/内容

1999年10月16日から2001年3月31日までフジテレビで放送された。全62話。ローカルセールス枠での放送だったため、系列局の中には、上記日程では本作を放送せず、自社制作番組・フジテレビ系列の遅れネット番組・他系列番組を放送したところがあった。同時ネットは4局[1]のみで、ほとんどのネット局は遅れネットとなった。その内、山陰中央テレビは本放送終了後に放送。放送しなかった系列局もあった。またテレビ大分は途中で打ち切りとなった。なおOVA版の方はテレビではアニマックスのみ放送。本作品は日本国外でも放送されているが(台湾など)、日本国外ではOVAを含め全92話放送されている。タイトルロゴは原作とは異なり、「ハンター×ハンター」とカタカナで表記されている(OVA版以降は原作同様)。テレビシリーズでは原作における残虐なシーンは表現を一部修正している。本アニメでは原作を大きく外れるオリジナルストーリーの挿入はほとんど見られない。唯一完全なオリジナルとなったのは「原作で描けなかった部分をアニメで描いて欲しい」という原作者の要望により追加された第2話と18話~20話の3話と、追加キャラクターとして11話に登場したアニタのみである。原作コミックス11巻(No.96)にて、ネオンが占った予言詩の一節「向かうなら東がいい」が、テレビ放送60話では「向かうなら束(たば)がいい」となっているが、これは原作が『週刊少年ジャンプ』2000年41号に掲載された際、編集部が「東」を「束」と誤植したことが発端。コミックス11巻では「東」と修正されているが、11巻発売は2001年3月2日、60話放映日は2001年3月10日。放映当時、アニメ制作がコミックスに追いついてしまい、アニメスタッフが本誌掲載分から脚本を作成していたため起こったミスである[要出典]。60話でテレビ放送は終了。最終回では原作の数話前にまでアニメが迫っていたが、クール内で区切りを付けている。最終回では提供ベースに今後の展開を暗示するイラストが使われたが、遅れネット局の一部では、局のシステムの都合でブルーバックで提供スポンサー名を表示していた関係上、見ることができなかった地域もあった。その後、続編がOVA化され、ヨークシンシティー完結編を描いた第1期『HUNTER×HUNTER』(4巻8話)、グリードアイランド編を描いた第2期『HUNTER×HUNTER GREED ISLAND』(ハンター×ハンター グリード・アイランド、4巻8話)および第3期『HUNTER×HUNTER G・I Final』(ハンター×ハンター ジー・アイ ファイナル、7巻14話)までが発売された。OVAシリーズは実際には放送時期も制作体制も違うが、TVの続編であるため便宜上本項に共にまとめている。本作は元請けの日本アニメーションがアニメ事業を縮小していた影響もあり、制作協力のスタジオディーンほかグロス請けにより制作が行われており、テレビ終盤では少人数でローテーションを回している。監督古橋一浩と多くの仕事を共にしているベテランアニメーターと共に、当時の若手アニメーターを作画監督として起用し、この作品が作画監督デビューというアニメーターも少なくない。原作の連載ペースにあわせアニメ制作のブランクが長期間になったため、OVAからは期ごとに監督をはじめスタッフの変更が行われ、制作体制も大きく変わっている。また、グリードアイランド編以降はセル画からデジタルアニメ制作に移行した。トリックタワー攻略時、外壁をロッククライミングで降りようとしたが怪鳥の餌になったキャラクターの声を演じたのは原作者・冨樫義博である[2]。また、33話では音響監督の平光琢也がシークアント役の声優も担当している。32話より赤星昇一郎もゼブロ役で出演していたので、レオリオ役郷田ほづみとあわせて怪物ランドのメンバーが集合した形となった。この回のみエンディングクレジットのキャスト欄でレオリオの位置が他2名に合わせて通常より後ろに移動し、(怪物ランド)と表記されていた。2011年に日本テレビ版が放送・制作されて以降、当シリーズのDVDは事実上の絶版となり、再放送や配信も行われておらず、現在は入手・視聴不可能な状態が続いている(レンタル店等では貸し出し可能)。その一方、2017年『NHKニッポンアニメ100』の視聴者による投票で本作は84位にランクインした[3]。

引用:Wikipedia
注意

AniTubeなどの動画共有サイトを利用して、ウィルスに感染したという被害報告が多々上がっています。

たった一度の視聴でPCやスマホがウィルスに感染して、修理に数万かかったという話もあります。

HUNTER×HUNTER (1999年のアニメ)の動画を見たいのであれば、VODのサイトを使用するようにしましょう。